新横浜ラーメン博物館が「冷凍ラーメン」発売! 第1弾は「淺草 來々軒」お店の味そのまま【実食レポ】

新横浜ラーメン博物館(ラー博)では、12月28日から「新横浜ラーメン博物館が選んだ銘店シリーズ」を発売。ラー博に現在出店中、過去に出店していたお店を中心に銘店の味を冷凍して届ける、というコンセプトの商品です。第一弾は「淺草 來々軒」。スープも麺も店の味そのまま!

新横浜ラーメン博物館(ラー博)では、12月28日から「新横浜ラーメン博物館が選んだ銘店シリーズ」を発売。同シリーズは、「ラー博に出店中、もしくは過去に出店していたお店を中心に、ラー博が選んだ銘店の味を、そのまま冷凍してご家庭にお届けする」というコンセプトの商品です。
 

第一弾は「淺草 來々軒(あさくら らいらいけん)」。さっそく食べてみましたが、ホントにお店の味「そのまま」でした!(画像はすべて筆者撮影)
 

「淺草 來々軒」の味を全国に届けたい

ラー博「來々軒」入口。当時のシンボル・おかめがのれんに描かれています
ラー博「來々軒」入口。当時のシンボル・おかめがのれんに描かれています


淺草 來々軒(明治43年創業、昭和51年閉店)は、明治期に日本で初めてラーメンブームを起こしたとされる有名店で、ラーメン史を語る上で欠かせないお店です。
 

ラー博に復活した店舗は、來々軒の末裔の証言をもとにラー博が当時の材料やレシピを調べ上げ、「支那そばや」が再現・運営、來々軒の末裔が承認するという3者で取り組んでいます。
 

お店で提供している「らうめん(930円)」
お店で提供している「らうめん(930円)」


スープは証言に伴い、豚、鶏、野菜に、昭和初期ごろから加えられた煮干も使用。弱火でじっくり炊き上げたスープは素材の旨味が凝縮しています。麺に使用する小麦は、当時の遺伝子を持つ後継品種・さとのそらを使用。具材は国産豚を窯焼きした特製の焼豚、メンマとシンプルです。
 

現在、このラーメンが食べられるのはラー博のみ。この味を全国に届けたい……、という想いから、冷凍ラーメンの開発がスタートしました。
 

一度は断念した冷凍ラーメンの製造販売

新横浜ラーメン博物館が選んだ銘店シリーズ第一弾「淺草 來々軒(税込1280円)」
新横浜ラーメン博物館が選んだ銘店シリーズ第一弾「淺草 來々軒(税込1280円)」


ラー博では、2020年の最初の緊急事態宣言時に、冷凍ラーメンの発売を検討したそう。保健所に確認したところ、冷凍ラーメンを販売するためには、さまざまな許可を取得した環境下で製造することが必要であることが判明したのです。その許可を得るためには、専用工場のようなものが必要となることから、一旦断念しました。
 

その後、法律に則った許可を取っているメーカーとタッグを組み、再び、冷凍ラーメンの商品化に取り組みます。しかし、別の壁が立ちはだかりました。
 

それは、お店と同じ作り方で工場で製造するため、全てのレシピを公開しなければならないことでした。門外不出のレシピはラーメン店の命であるため、商品化には時間を要し、2021年12月末、ようやく発売に至ったというわけです。
 

商品に入っている説明書


「レシピを公開して求めるクオリティに達しなければ、関わったすべての方に迷惑をかけることになります。そういった点でのプレッシャーは常に感じていました。オーナーさんの決断もあり、さまざまな問題をクリアし商品化に至りました。完成したラーメンは自信を持ってお届けできるクオリティに仕上がっております。現在、新作の商品開発も進めておりますので、楽しみにお待ちください。これからも銘店を口説き続け、お店の味を皆さまにお届けしてまいります」と、担当者は熱い思いを語ってくれました。
 

ホントにお店の味そのまんま! 驚きのクオリティ

お店の味「そのまま」!
お店の味「そのまま」!


さっそく「淺草 來々軒」の冷凍ラーメンを食べてみました。ラー博のツイッターには「目隠して食べても、どちらがお店のラーメンかわからないほどのクオリティです」と発信されていましたが、正直「それは言い過ぎでしょ……」と疑っていました。
 

しかし、ひと口食べた時点で「申し訳ありません」と謝罪の言葉を口にすることに。
 

スープと麺の再現度が高くて驚き!
スープと麺の再現度が高くて驚き!


煮干しの後味が心地よいあっさり味のスープ。つるんとなめらかな麺。窯焼きの香ばしさを感じる焼豚、やわらかく甘めの味付けのメンマ。ラー博で食べた來々軒の「らうめん」そのままのクオリティでした。
 

まずは、新横浜ラーメン博物館 1階にあるミュージアムショップにて販売スタート。年明けからは各所に冷凍自動販売機(ど冷えもん)を設置しての販売も予定しています。通信販売も予定しているとのことですので、入手したい方は公式サイトをチェックしてください。

 

「新横浜ラーメン博物館が選んだ銘店シリーズ」第一弾「淺草 來々軒」情報

発売日:2021年12月28日
価格:税込1280円
内容:冷凍スープ 1袋、タレ 1袋、具材(焼豚×2枚、メンマ) 1袋、麺1玉

・URL:新横浜ラーメン博物館




【おすすめ記事】

新横浜ラーメン博物館「淺草 來々軒」で復活1周年企画開始! 90年前に人気を博した「中華丼&椎茸そば」を再現
ラー博が新事実を発表!室町時代にラーメンが存在していた!
「好きなラーメンチェーン店」ランキング 3位「一風堂」2位「幸楽苑」を抑えた1位は?
「これは気になる」ご当地ラーメン“自販機”の東京1号機が自由が丘に! ミシュラン掲載店から家系まで
子どもが好きなラーメンのトッピング 大人気「たまご」は2位に 意外な1位は…?
 


【関連リンク】
新横浜ラーメン博物館に「浅草 来々軒」復活!明治43年創業ラーメンブーム起こしたしょう油ラーメン
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】