新横浜ラーメン博物館「淺草 來々軒」で復活1周年企画開始! 90年前に人気を博した「中華丼&椎茸そば」を再現

新横浜ラーメン博物館では「淺草 來々軒(あさくさ らいらいけん)1周年企画」を11月11日からスタート。実際の來々軒のメニューから選択したメニューを1ヵ月の期間限定で、計4回にわたって提供するというものです。第一弾は「中華丼」と「椎茸そば」!

新横浜ラーメン博物館(以下、ラー博)では「淺草 來々軒(あさくさ らいらいけん)1周年企画」を11月11日からスタート。実際の來々軒のメニューから選択したメニューを1カ月の期間限定で、計4回にわたって提供するというものです。第1弾は同店発祥とされる「中華丼」と「椎茸そば」!(画像は新横浜ラーメン博物館提供)
 

日本初のラーメンブーム作った「淺草 來々軒」とは

新横浜ラーメン博物館 淺草 來々軒


「淺草 來々軒」(明治43年創業、昭和51年閉店)は、明治期に日本で初めてラーメンブームを起こしたとされる有名店で、ラーメン史を語る上で欠かせないお店です。
 

一番人気はラーメンでしたが、ラーメン専門店ではなく、さまざまな料理が安価に提供される、今でいうところの「町中華」のようなスタイルだったとのことです。
 

復活にあたり、來々軒の末裔の証言をもとに、ラー博が当時の材料やレシピを調べ上げ、「支那そばや」が再現・運営を行っています。
 

第1弾では「中華丼」と「椎茸そば」を再現

「淺草 來々軒1周年企画」の第1弾として、昭和3年当時の來々軒のメニューから、「中華丼」と「椎茸そば」を再現します。
 

中華丼(税込1100円)


中華丼(税込1100円)は、白いご飯の上に具だくさんの餡がたっぷりかかったメニュー。諸説ありますが、來々軒が急いでいるお客さんの要望に応え、八宝菜をご飯にのせて提供したのが始まりとされています。
 

具材は豚肉、エビ、イカ、ニンジン、タケノコ、白菜、きくらげ、うずらの玉子。これらの具材にていねいに下処理を施し、あんかけ仕立てにして旨味を封じ込めています。素材ひとつひとつの存在感を充分に感じられるメニューとのこと。
 

椎茸そば(税込1000円)


椎茸そば(税込1000円)は、シイタケが主役のラーメン。昭和3年の来々軒のメニューでは、ラーメンの20銭に対し椎茸そばが55銭だったことから、豪華なメニューだったのでは、と考えられるようです。
 

来々軒のレシピは残っていないため、大正時代の中華料理レシピ本に記された椎茸そばの調理法を参考にして、具材を醤油スープで煮込んで仕上げています。
 

秋が旬である肉厚のシイタケの美味しさはもちろん、きのこ類のエキスが出て旨みを増したスープも格別の味わいなのだとか!
 

どちらも味わいたい方には、中華丼とミニ椎茸そばのセットメニュー(税込1600円)も用意されています。
 

「來々軒についてより深く知っていただきたい」

のれんには当時のシンボル「おかめ」が描かれています(筆者撮影)
のれんには当時のシンボル「おかめ」が描かれています(筆者撮影)


広報担当者は「復活1周年を迎え、改めて『來々軒』の偉大さ、そして『淺草 來々軒』の魅力・価値をお伝えすることを目的とし、企画いたしました。当時、天下一品と評されたメニューを味わって、來々軒についてより深く知っていただければ」とコメントしています。
 

中華丼、椎茸そばの提供期間は、11月11日〜12月10日。要入館料。営業時間は日によって異なりますので、公式サイトをご覧ください。
 

・URL:新横浜ラーメン博物館


【関連リンク】
新横浜ラーメン博物館に「浅草 来々軒」復活!明治43年創業ラーメンブーム起こしたしょう油ラーメン


【おすすめ記事】
ラー博が新事実を発表!室町時代にラーメンが存在していた!
「好きなラーメンチェーン店」ランキング 3位「一風堂」2位「幸楽苑」を抑えた1位は?
「これは気になる」ご当地ラーメン“自販機”の東京1号機が自由が丘に! ミシュラン掲載店から家系まで
子どもが好きなラーメンのトッピング 大人気「たまご」は2位に 意外な1位は…?
初代店頭「ペコちゃん」人形は張り子だった! 不二家創業の地・横浜で「ペコちゃん」誕生の秘密に迫る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応