ペヤングの「ペタマックス たぬきそば風」ってどんなもの? 家族3人で食べてみたところ……

まるか食品が「ペヤング ペタマックス たぬきそば風」を発売。「ペタマックス」というのは、食べ応えがある大容量サイズのことで、内容量は598g。そのうち麺は450gです。そして天ぷら5枚が入っていることから5人前の計算なのでしょうけれど、そばなら食べられそうということで家族3人で食べてみました。

まるか食品の「ペヤング ペタマックス たぬきそば風」(画像は全て筆者撮影)


まるか食品が12月に発売した「ペヤング ペタマックス たぬきそば風」。「ペタマックス」とは、食べ応えがある大容量サイズのことで、内容量は598g。そのうち麺は450gです。
 

天ぷら5枚が入っていることから、おそらく5人前の計算なのでしょう。そばなら食べられそうということで、家族3人で食べてみました。

 

「たぬきそば風」の「風」が怪しい

原材料名を見ると、そば粉が使われていない!


「ペヤング ペタマックス たぬきそば風」は商品名からある程度想像がついていたのですが、原材料をよく見ると、そば粉が使われていません。ということは、そばではない……。あくまで「そば風」なので、まずはここに大きなトラップがありました。
 

使うお湯は2800ml

使うお湯は2800ml


使うお湯の量は2800mlです。どれだけの量なのかいまいちピンとこなかったので、普段使っている深い鍋を使ってお湯を沸かしてみることにしました。ちゃんと水の量を測れば良かったのですが、「こんなもんだろう」と思って適当にしていたのが、後々響くことになります。
 

早速作ってみる

ふたを開けて、天ぷらやかやく、粉末スープを取り出す​​​​​​

まずはふたをはがし、粉末スープやかやく、天ぷらを取り出します。
 
天ぷらは5枚、かやくは1袋、粉末スープも1袋

天ぷらは5枚、かやくは1袋、粉末スープも1袋で全部で7つ入っています。
 
天ぷらは2個を入れる。残り3個は、後乗せにする

これを麺の上に乗せるのですが、天ぷらは2枚を使うことに。残り3枚は後乗せにしました。
 
お湯が足りない!


準備万端でお湯を入れたのですが、なんと! 足りません! ちゃんと計量カップで計らなかったのが、ここに来てあだとなってしまいました。慌ててお湯を沸かすも、量が多いのでなかなか沸騰しません。この間、麺はどんどん柔らかくなっていくわけで……。
 

追加のお湯が沸いたころには、もう食べられるのでは? と思うくらい柔らかくなっていました。ただお湯を入れないと粉末スープとのバランスが悪く、とてもしょっぱいスープになってしまいます。そのため追加でお湯を投入。
 

麺やスープをよくかき混ぜよう


出来上がった「ペヤング ペタマックス たぬきそば風」をよくかき混ぜます。これを怠ると、スープが混ざらずに下の方がものすごくしょっぱくなってしまいます。
 

後乗せ天ぷらはサクサク

天ぷらを後乗せ


1人分ずつお椀に麺を取り出しました。見た目はそばですが、先ほど書いたようにそば粉は一切使われていません。かやくとして入っていた乾燥ネギやかまぼこをトッピングしていきます。そして最後に天ぷらを後乗せ。
 

後乗せの天ぷらはサクサク

先に入れた天ぷらは2つともかなりふやけていて、少し触れただけでボロボロになってしまうほど柔らかくなっていました。天ぷらに関しては好みもありますが、食感を楽みたいならば後乗せが断然おすすめです。
 

3人で食べた結果

今回「ペヤング ペタマックス たぬきそば風」を食べたのは、筆者と夫、そして高校生の娘です。筆者はそれほど量を食べないので戦力外になりますが、高校生の娘がかなり食べてくれました。少しピリッとした辛さがあるつゆと、ツルツルとしたそばの相性が良く、かなりのペースで食べていきます。
 

若さというのはすごいものです。でも食べてる途中でだんだんとペースが落ちてきました。理由は味に飽きてしまうからです。
 

これだけの量のそばをずっと同じ味で食べるのは、なかなか難しいことのようです。そのためネギや卵を入れる、あるいは七味をかけるなど味変をしたほうが良いというのが結論です。他には3人など少人数で食べるのではなく、5人以上で食べるのも作戦の1つだと思いました。少ない量であれば味に飽きることがなく、最後までおいしく食べられると思います。
 

食品でありながらも、楽しみを与えてくれるアイテム

家族で食べてみて思ったのは、「ペヤング ペタマックス たぬきそば風」はみんなで食べることの楽しさを改めて考えさせてくれるということでした。1人で食べるのは難しいので、どうしても家族や恋人など誰かと一緒に食べることになるでしょう。その中で「マジで、デカイね」や「おいしいね」「食べきれないよ」など会話が生まれるはずです。おなかを満たす食品ではあるのですが、むしろだんらんを楽しむアイテムの1つとして捉えると良さそうです。
 

「ペヤング ペタマックス  たぬきそば風」の価格は税込1058円。筆者はコンビニで購入しました。年末の年越しそばとして利用したり、久しぶりに帰省した家族と一緒に笑いながら食べるのも良いのではないでしょうか。



【おすすめ記事】
通常サイズの約7.3倍!「ペヤング 超超超超超超大盛ペタマックス辛味噌ラーメン」に総勢8人で挑む
わかめの量3.5倍の「わかめラーメン」。通常サイズと食べ比べたら、その量に驚愕!
セブンに3斤の巨大食パンがあるって知ってた? 贅沢に使えてコスパも良し!
ローソンの「からあげクン」が真っ黒! 日清焼そばU.F.O.の濃厚ソースでインパクト強すぎ
「一番うまいカップ焼きそば」ランキング! 2位の北海道定番「やきそば弁当」を抑えた1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」