わかめラーメン(筆者撮影)


エースコックの「わかめラーメン」はシンプルな味わいで人気のラーメンですが、なんとわかめが通常サイズの3.5倍入っている商品が販売されています。「EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ また×2 帰ってきたわかめ3.5倍」です。実際どれだけの量になるのか、通常サイズと食べ比べてみました。
 

カップの大きさも違う

カップの大きさも違う(筆者撮影)


通常のわかめラーメンと、わかめが3.5倍入っているわかめラーメン。まず並べてみると、カップだけでも大きさに違いがあることがわかります。通常のわかめラーメンの麺は64g、わかめが3.5倍入ってる方は60グラム、麺の量だけ考えると通常のわかめラーメンのほうが多いことになります。
 

必要なお湯の量の目安ですが、通常のわかめラーメンは410ml、わかめ3.5倍のほうは540mlです。わかめが大量に入っているので、それを膨らませるためにはお湯が必要になるからでしょう。そしてカップの大きさに違いがあるのは、使うお湯の量と膨らんだときのわかめの量を計算してるのだと思います。

 

乾燥わかめの量の違い

かやくの量の比較。左が通常のわかめラーメン、右がわかめ3.5倍のラーメン(筆者撮影)

中に入っているわかめ(かやく)の量を比較しています。この時点で、かなりの違いがあることがわかります。
 
わかめをカップに入れてみた(筆者撮影)

カップに入れた状態からも、わかめの量が圧倒的に違います。お湯を入れて、待つこと3分。
 
大量のわかめが(筆者撮影)

蓋を開けてみると、わかめが3.5杯入ってる方は麺がわかめに覆われていました。これだけ見ると、かなり圧倒されます。

 

比べてみると……

わかめの量の比較(筆者撮影)


出来上がったわかめラーメンを並べてみました。3.5倍の方は、麺が見えないほどわかめが入っています。通常のわかめラーメンは、麺全体を覆うほどではありません(とは言え、わかめの量は多いと思いますが)。

 

わかめがなかなか減らない

スパイスをかけて完成(筆者撮影)


付属のスパイスをかけると、両方ともスープの味はほぼ変わりなく、さっぱりとした味わいです。ロングセラーの商品だけあって、飽きない味。ただわかめが3.5倍入っているほうは、わかめがなかなかなくなりません。食べても食べても減らない、そんな印象を受けました。でも筆者はわかめが好きなので、これくらいの量があっても全然問題ありません。こんなにわかめが食べられるのか!と嬉しくなったほど。
 

「EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ また×2帰ってきたわかめ3.5倍」は希望小売価格210円(税抜)です。筆者は、近くのスーパーで購入しました。コンビニなどでも、取り扱いがありそうです。これだけたくさんのわかめが食べられるラーメンは、そうそうないでしょう。ぜひ、試してみてくださいね。


【おすすめ記事】
通常サイズの約7.3倍!「ペヤング 超超超超超超大盛ペタマックス辛味噌ラーメン」に総勢8人で挑む
「カップヌードル」が高級ホテル料理に! 「謎肉」を使ったスイーツなどコラボメニューが斬新
コンビニ「マリトッツォ」3種食べ比べ! セブン、ファミマ、ローソン100……個性豊かなマリトッツォの特徴まとめ
コンビニプリン6種類を食べ比べ!とろける派、硬め派へのおすすめは?