ワークマンの「フェイスタオル」は普段使いに最適。1枚98円でコスパも最高!

機能性が高く高いのにお手頃価格のワークマンの商品が人気になっていますよね。冬場になると温かいアウターなどが販売されるので、筆者も利用しています。実はいろいろ他にも気になるものがあって、その1つが「ワークマンベスト フェイスタオル」。実際に使ってみたので、使い心地などを紹介していきます。

ワークマンの「ワークマンベスト フェイスタオル」(画像は全て筆者撮影)


機能性が高い商品をお手頃価格で買えるワークマン。冬場になると温かいアウターなどが販売されるので、筆者も利用しています。最近ワークマンで気になる商品がいくつかあるのですが、その1つが「ワークマンベスト フェイスタオル」。ワークマンのカジュアルライン「ワークマンベスト(以下、wmb)」のオリジナルタオルです。実際に使ってみたので、使い心地などを紹介していきます。
 

1枚98円! 激安の「wmb フェイスタオル」

1枚98円!

タオルは毎日使うものなので、こだわりを持って有名どころの値段が高いものを使う人もたくさんいますよね。筆者もこだわりのタオルを使っているのですが、一方で100円ショップなどのタオルも日常生活に取り入れています。
 

ワークマンの「wmb フェイスタオル」は1枚98円(税込)なので、100円ショップのタオルよりも安いことになります。

色はミント(上)とグレー(下)

価格が安いタオルのメリットは、買い替えがしやすいこと。高いタオルはもったいないと思ってなかなか交換できませんが、お手頃価格ならば生地が固くなったり汚れたときだけではなく、定期的な交換にも抵抗がなくなります。
 

サイズは一般的なタオルと同じ

サイズは34cm×83cm


サイズは34cm×83cmで、一般的なタオルと同じです。素材は綿100%。自宅で簡単に洗濯ができます。
 

使う前に1度洗濯

新品の状態では水を弾く

新品のタオルは水の吸収力が弱いこともあります。「wmb フェイスタオル」も例外ではなく、新品のままでは水を弾いてしまいました。
 
1度洗濯をする水を吸収しやすくなる


1度洗ってみると、しっかり水を吸収しています。
 

生地は薄くはない

生地は厚くはないけれど薄くもない

タオル生地自体は、薄くもなく厚くもなくという印象です。指を裏から当てても透けることはありませんでした。このくらいの生地の厚さは、洗濯をしても乾きやすいです。
 

一般的な肌触り

肌触りは悪くない


タオルを使うとき気になるのが、やはり肌触りです。1度柔軟剤を使って洗った「wmb フェイスタオル」を触ってみたのですが、びっくりするほど柔らかいわけではないというのが、正直な感想です。でも日常的に使うタオルとしては全く問題ないです。筆者は朝の洗顔の後に使ったのですが、水分は吸収しますしガサガサすることもありません。
 

1枚あたりの値段が何倍もするようなタオルと比較をしてしまうと、仕方がないですがタオル生地の柔らかさは劣ってしまいます。そこは98円という値段を取るか、極上の柔らかさを取るかという選択肢になってくるのでしょう。
 

タオルに関しては好みの問題もあるでしょうけれど、筆者はふわふわしていなくても気になりません。むしろ少し固めになっていた方が水分を吸収すると感じているので、「wmb フェイスタオル」肌触りは筆者にとっては心地良いものでした。
 

筆者は「wmb フェイスタオル」を洗顔後とは別に、キッチンや屋外など汚れる可能性が高い場所でも使っています。価格を考えると、調理中に汚れた手を拭いたり気兼ねなく使えるからです。「wmb フェイスタオル」はあくまで普段使いのタオル。その位置付けで使っていくのもおすすめです。



【おすすめ記事】
ワークマンの「フリースグローブ」は散歩にガンガン使える! 3つのおすすめポイントは?
ワークマンの「裏フリースダウン風スリッポン」は室内でも大活躍!
大人でも着られる「ワークマン」のジュニアサイズ。裏アルミベストがとても重宝する5つのポイント
ワークマンの「リバーシブルネックウォーマー」が普段使いに最適な3つの理由
ワークマンの「レディースストレッチライトパンツ」は寒がりさんにこそ使って欲しい。その理由とは

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】