上原さくら、15年前の自分との比較ショットを公開「トートバッグは変わらないのに私は……」

タレントの上原さくらさんは、12月13日に自身のInstagramを更新。15年前に撮った写真と同じポーズで撮った現在の写真を2枚投稿し、その比較ショットが話題になっています。

タレントの上原さくらさんが、12月13日に自身のInstagramを更新。15年前の自分との比較ショットを投稿し、話題になっています。
 

「トートバッグは変わらないのに私は……」比較ショットを投稿


「シェロムのトートバッグ復刻版を作りました」とコメントした上原さんは、15年前に撮られたトートバッグを持った自身の写真を投稿。続けて復刻版のトートバッグを同じ構図で持つ現在の写真を公開しました。
 

「1枚目が15年近く前の私。2枚目が昨日。トートバッグは変わらないのに私は……」とつづった上原さん。この比較ショットにファンは、「歳を取らない方が怖いです」「さくらちゃんはますます素敵に」「可愛いのは変わらないですね」「どちらもその時の良さがあって素敵ですね」とコメントしました。


>次ページ:上原さんの他の投稿を見る


【おすすめ記事】
草刈民代、56歳の純白ウエディングドレス姿を披露! 「本当に美しくて深夜に目が覚めました」
hitomi、レアな膝上丈ワンピで美脚を披露! 「めちゃくちゃ可愛いっ~!!お姫様みたいっす~!!」
熊田曜子、胸元が開いたセクシーワンピースで太もももあらわに! 「セクシーでメッチャ素敵ですよ」
鈴木紗理奈、“超ミニスカ”ドレスで太ももあらわに! 「紗理奈さんしか、似合わないー可愛すぎる」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応