世界デジタル政府ランキング2021! 3位「イギリス」、2位「シンガポール」、1位と日本の順位は?

早稲田大学電子政府・自治体研究所は12月10日、「第16回早稲田大学世界デジタル政府ランキング2021」を発表しました。ICT先進国64の国と地域を10項目で評価、分析。TOP3と日本の順位は?

早稲田大学電子政府・自治体研究所は12月10日、「第16回早稲田大学世界デジタル政府ランキング2021」を発表しました。ICT先進国64の国と地域の「デジタル政府の進捗度」を、「デジタル・インフラ整備」や「行財政最適化」「市民参加」といった10項目で評価、分析したものです。

本記事では、総合ランキングTOP3を中心に紹介します。
 

第3位:イギリス

3位は、「イギリス」でした。2020年の4位から1ランクアップです。項目別に見ると、「オープン政府」で1位、「サイトの利便性」で2位、「先端技術の活用度」で2位を獲得。

新型コロナウイルスの影響によりDX(デジタルトランスフォーメーション)化が一気に進展。集中治療室内では、専用アプリを通して医療チームが意思疎通を図り、効率よく利用できるようにしています。低所得者向けの「ユニバーサル・クレジット」を給付するため、納税情報から支援対象者を割り出して連絡、申請があればすぐに給付金を振り込むといった対策も。
 

第2位:シンガポール

2位には、シンガポールがランクイン。項目別を見ると、「政府CIO(最高情報責任者)の活躍度」「ICTによる市民の行政参加」「オープン政府」「サイバーセキュリティ」で1位、「先端技術の活用度」で2位を獲得。

シンガポールはデジタル化を国家戦略としても最重要課題と位置付けており、スイスのビジネススクールIMDによる「世界のデジタル競争力ランキング2020」でも世界2位に輝いています。コロナ対策として、すべての事業者に入退場記録システムの導入が義務化され、新型コロナウイルス感染者や濃厚接触者の特定が効率化、感染抑制に貢献しました。
 

第1位:デンマーク

1位は、「デンマーク」でした。項目別では、「行財政改革へ貢献度」「各種オンライン・アプリケーション・サービスの進捗度」「ポータルサイトの利便性」「ICTによる市民の行政参加」「オープン政府」「サイバーセキュリティ」と10項目中6つで1位を獲得。

行財政改革優先型の財務省管轄によるデンマークは、コロナ対策として、情報インフラを活用した「コロナパス」を早い段階から導入。デジタル証明発行の環境を整備しました。EUによる互換性のあるデジタルグリーン証明書導入の先陣役を担い、デンマーク語、英語、フランス語に対応。すべての手続きはオンラインで完結できます。
 

9位となった日本は構造的弱点が課題

日本は、昨年まで2年連続で7位でしたが、9位にランクダウン。コロナ対応で露呈した官庁の縦割り行政、電子政府(中央)と電子自治体(地方)の分離、地方公共団体の財政・デジタル格差、ICT人材不足といった構造的弱点が課題だと指摘されています。

デジタル庁が2021年9月に発足されたものの、デジタル政府を支えるマイナンバーカードの発行は、2021年10月時点で38%と苦戦しています。生活の利便性を追求するためにも、健康保険証などのサービスアプリケーションとの連携充実が鍵とされます。


>次ページ:64位までのランキング結果


【おすすめ記事】
「世界の大学」ランキング! 日本のトップは東京大学で23位、2位オックスフォード大学を抑えた1位は?
「工学とテクノロジー分野で優れた大学」世界ランキング! 3位「ケンブリッジ大」、2位「スタンフォード大」、1位は?
「世界で最も優れた空港2021」が決定! 総合部門 2位「羽田空港」を抑え1位に輝いた空港は?
2021年企業ブランド価値世界ランキングTOP100! 3位Google、2位Appleを抑えた1位は? 日本企業の順位も

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化