【YouTube公式】2021年国内YouTube年間ランキング発表! 今年最も話題となった動画やクリエイターは?

Googleは12月11日、2021年の国内YouTube年間ランキングを発表しました。「国内トップトレンド動画」「国内トップトレンド音楽動画」「国内トップ登録者増加クリエイター」「国内急成長クリエイター」「国内ショート動画クリエイター」の5部門に分けてランキングにしたものです。

Googleは12月11日、2021年の国内YouTube年間ランキングを発表。2021年1月1日〜10月31日の間に、YouTubeにアップロードされた動画の中から、再生数やコメント、評価、シェアの数といった要素をもとに選出したものです。

「国内トップトレンド動画」をはじめ、「国内トップトレンド音楽動画」「国内トップ登録者増加クリエイター」など5部門に分けてランキングにしています。

今年、最も注目された動画はどんなものだったのでしょうか。さっそく結果を見ていきましょう!
 

「国内トップトレンド動画」部門、1位はトップクリエイターのヒカキン

「国内トップトレンド動画」部門は、音楽やショート動画を除く動画の中から、再生数や評価などをもとに選出したランキングです。
 
国内トップトレンドランキング(TOP 3までを抜粋)
国内トップトレンド動画ランキング(TOP3までを抜粋)

日本のトップクリエイター『HikakinTV』の「ヒカキンTV登録者1000万人行くまで生配信!(3分55秒からスタート!)」が1位に。2位には、東京五輪開会式のピクトグラムパフォーマンスの動画がランクインしています。
 

「国内トップトレンド音楽動画」部門は、YOASOBIとAdoがTOP3に

「国内トップトレンド音楽動画」部門は、YouTube上の音楽関連の動画をランキングにしたもの。1位には2020年、『夜に駆ける』で一躍有名となった「YOASOBI」がランクイン。
 
国内トップトレンド音楽動画(TOP 3までを抜粋)
国内トップトレンド音楽動画(TOP3までを抜粋)

2位と3位にランクインした「Ado」も、2020年に『うっせぇわ』でメジャーデビューし社会現象にまでなった新人アーティストです。
 

「国内トップ登録者増加クリエイター」、1位は『ジャにのちゃんねる』

「国内トップ登録者増加クリエイター」は、2021年でショート動画クリエイターを除いた登録者数を大きく伸ばしたチャンネルランキング。
 
国内トップ登録者増加クリエイター(TOP 3までを抜粋)
国内トップ登録者増加クリエイター(TOP3までを抜粋)

1位は、嵐の二宮和也さんが開設した『ジャにのちゃんねる』でした。今年の4月スタートながら、12月現在で登録者は289万人。3位には単体チャンネル登録者数1000万人を突破した『HikakinTV』も。


>>次ページ:国内急成長クリエイターは?



【おすすめ記事】
Googleが2021年の検索ランキングを発表! 『イカゲーム』や『クラブハウス』、『東京リベンジャーズ』は何位?
2021年のWebサイトアクセスランキング! 2位は「Amazon」! 1位とアプリ利用者数のTOP3は?
売れすぎヒット商品「生ジョッキ缶」はどんなキッカケで誕生したの? アサヒビール担当者を直撃!
高校生が選ぶ「今年一番印象的だったニュース」。2位「京王線ジョーカー男の刺傷事件」、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望