Googleが2021年の検索ランキングを発表! 『イカゲーム』や『クラブハウス』、『東京リベンジャーズ』は何位?

Googleは12月8日、「2021年 Google検索ランキング」を発表。急上昇ランキングや話題の人などを含めた9項目で2021年に検索が多かったキーワードをランキング。東京五輪や東京リベンジャーズ、イカゲームなど2021年に話題となったワードをおさらいしましょう!

Googleは12月8日、2021年のGoogle検索ランキングを発表。2021年1月1日〜11月22日の間、日本国内で検索数の多かったキーワードをランキング形式でまとめています。

カテゴリは「急上昇ランキング」や「〇〇とは」「話題の人」などを含めた9種類。気になる結果を見ていきましょう!
 

「急上昇ランキング」は東京五輪やMLB大谷選手がランクイン

「急上昇ランキング」TOP3は、1位「東京 2020 オリンピック」、2位「大谷翔平」、3位「東京リベンジャーズ」でした。57年ぶり2回目の東京五輪や、MLBの大谷選手、実写映画にもなった漫画「東リべ」など、上半期から話題となっていたキーワードが並んでいます。

大谷選手は「スポーツ選手」や「話題の人」でも1位を獲得しています。
 

「〇〇とは」には『イカゲーム』や「クラブハウス」などが上位に

わからないことを調べるときによく入力する、「〇〇とは」部門では、1位「適応障害とは」、2位「クラブハウスとは」、3位「イカゲームとは」がTOP3に。たしかに、招待制音声SNSとして話題となった「クラブハウス」(Clubhouse)や、韓国ドラマ『イカゲーム』は、事前情報を知らなければ想像がつきにくいかもしれません。

1位の「適応障害」は、長引くコロナ禍の影響によるものと推察され、同カテゴリのTOP10には「PTSD」や「双極性障害」といった疾患がランクインしています。
 

「ドラマ」部門には16年ぶりにドラマ化された人気漫画作品がランクイン

エンタメ関連を見てみましょう。「映画」部門TOP3は、1位「東京リベンジャーズ」、2位「呪術廻戦」、3位「竜とそばかすの姫」です。3位の『竜とそばかすの姫』は、『ハウルの動く城』や『時をかける少女』などを手掛けた細田守監督作品。

「ドラマ」部門では、1位「イカゲーム」、2位「ドラゴン桜」、3位「カムカムエヴリバディ」という結果に。

2位の『ドラゴン桜』は、2005年に第1シリーズが放送され、今現在も活躍する名俳優や女優を多く輩出した人気作品で、2021年4月に第2シリーズがドラマ化。3位の『カムカムエヴリバディ』は、2021年度後期放送のNHK連続テレビ小説です。


>次ページ:10位までのランキング結果


【おすすめ記事】
高校生が選ぶ「今年一番印象的だったニュース」。2位「京王線ジョーカー男の刺傷事件」、1位は?
大人が使っていたら「イタイ」と感じる流行語! 「ちゅきちゅき」「はにゃ?」を抑えた1位は?
2021年のWebサイトアクセスランキング! 2位は「Amazon」! 1位とアプリ利用者数のTOP3は?
女子中高生が選ぶ「2021年の流行語大賞 コトバ部門」ランキング! 3位「〜もろて」、2位「Let it be」、1位は?

【関連リンク】
Google Japan Blog
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは