バヅクリHR研究所は、20歳以上の会社員男女1100人を対象に、「アフターコロナに期待するもの」についてのアンケート調査を実施。「コロナ禍が終息した後に期待するもの」のほか、「(制度などとして)残ってほしいもの」についても回答が寄せられています。

新型コロナウイルスのまん延により、さまざまな面で対応を余儀なくされた生活が続きますが、終息後は、それらはどのように変化していくのでしょうか。
 

コロナ終息後も残ってほしいものは「在宅勤務・リモートワーク」

「コロナ禍によって導入が促進された施策や制度で、終息後も残って欲しいもの」について聞いたところ、1位「在宅勤務」(35.5%)、2位「ウェブ・テレビ会議(社内打ち合わせ)」(31.5%)、3位「時差通勤」(28.5%)でした。
 
コロナ終息後も残ってほしいもの
コロナ終息後も残ってほしいもの

リモートワーク経験者に絞って見ると、「在宅勤務」の回答率が高く、1度でも経験するとそのメリットを強く体感できていることがうかがえます。
 

在宅勤務が残ってほしい理由、7割が「時間コスト削減できる」

終息後に残って欲しいものに、「在宅勤務」と答えた人に理由を聞いたところ、最も多かったのは「通勤など時間的なコストの削減」(71.9%)、2位が「仕事における体力的負担の軽減」(45.5%)、3位が「交通費など経済的なコストの削減」(45%)でした。
 
コロナ終息後も在宅勤務が残ってほしい理由
コロナ終息後も在宅勤務が残ってほしい理由

管理職やリモートワーク経験者に絞って見ると、「生産性が向上する」の回答率が高くなるようです。一方、「リモートワーク・在宅勤務で難しいと思うことはなにか?」という自由回答では、「意思疎通が難しい」といったコメントが寄せられています。




>>次ページ:テレワーク制度のある企業のほうが転職意向は高まる?





【おすすめ記事】
人事担当者に聞いた「出世・昇進する社員の共通点」! 半数以上が回答した重要な要素とは?
退職者が選ぶ「辞めたけど良い会社ランキング2021」! 3位「A.T.カーニー」、2位「グーグル」、1位は?
「忘年会の費用をボーナスで支給希望」「忘年会はムダ」社長と社員に聞いた本音、割合は……?
「あったら嬉しい福利厚生」ランキング! 「旅行・レジャーの優待」「特別休暇」を抑えた1位は?
4000人調査「仕事を辞めたいと思ったことアリ」8割以上。Z世代のみ「給与」が理由1位、その他世代は?