5~11歳の子どもへの新型コロナワクチン接種準備がスタート。保護者の本音は?

5~11歳の子どもへの新型コロナワクチンの接種について、早ければ2022年2月ごろから始める可能性があることを厚生労働省は自治体に通知。5~11歳の子どもの保護者240人に「子どもにコロナワクチン接種をさせたいか」を聞きました。

アメリカやイスラエルなどではすでに始まっている、5~11歳の子どもへの新型コロナワクチンの接種。厚生労働省は、早ければ2022年2月ごろから国内でも子どもへの接種を始める可能性があることを各都道府県に通知しました。

「日本トレンドリサーチ」を運営するNEXERは、5~11歳の子どもへの新型コロナワクチン接種についての調査結果を公表。同調査は、2021年11月19~25日の期間で、5~11歳の子どもの保護者、男女各120人の計240人を対象にインターネット上で実施されたものです。
 

「子どもに接種させたい」が半数以上。その理由は?

5~11歳の子どもの保護者に聞いた「子どもにワクチン接種させたいと思いますか?」 ※日本トレンドリサーチによる調査
5~11歳の子どもへの新型コロナワクチン接種が始まったら、子どもに「接種させたい」と回答した保護者は53.8%でした。

回答者からは、「もし、子供がコロナに感染した時に苦しまなくて良い対策を親がしてあげなければいけないと思う(40代男性)」「子供ヘのコロナ感染が増えてそこから家族に感染するケースが増えているため。主人も私自身も持病がありコロナ感染は避けたい(40代女性)」などの声が見られました。

さらに、「打たないことでの差別に巻き込まれるのではないかと思った(60代男性)」「新型には不安はあるけど、今後のことを考えると、ワクチンのせいで行動制限されるのが、子供としてかわいそうだから(40代男性)」「現時点で自治体の19歳から12歳の子の接種率が6割を超えているので、思った以上に皆接種していると思ったから(50代女性)」などのコメントも寄せられました。
 

「検討するほどの情報がない」子どもに接種させたくない理由は?

一方、子どもに「接種させたくない」と回答した保護者も46.3%と、約半数近くを占めました。「接種させたくない」理由としては、「まだよくわかっていないコロナウイルスに対してのワクチンは子供には接種させたくない(40代男性)」「子供はコロナでも重篤化しないので必要ない(30代男性)」などの声が見られました。

また、「大人でも副反応が怖いのに、コロナに万が一感染しても重症化する可能性が低い子供には絶対打たせたくない。安全性の面で信用できない(30代女性)」「自分が寝込むほどの副反応があったので子どもに副反応が出ることを考えると怖い(40代女性)」「若い人ほど副反応が強く出る。検討するほどの情報がない(40代男性)」など、ワクチンの副反応を不安視する声も目立ちました。


>(次ページ)親自身のワクチン接種の有無は「子どもの接種」への考え方に影響する?


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
3回目のコロナワクチン接種が決定。 看護師636人に聞いた「おすすめコロナワクチン接種会場」は?
ワクチン接種2回目の副反応 2位「倦怠感」、1位は? ファイザー社のワクチン接種体験談&医師の解説も
新型コロナウイルスワクチンの副反応・副作用が強いのはなぜ?
インフルエンザ予防接種の後は赤く腫れる副反応も
「ワクチン接種」をめぐり人間関係が険悪に…接種済の彼に“冗談”でも言ってほしくなかったひと言

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化