実はあまり知られていない、チーズの意外な楽しみ方。おにぎりや干し芋……シェフ直伝のアレンジレシピ

本格的なフランスやイタリアのチーズは食べ方に悩む人もいるのでは。ワインのおつまみにしなくてもOK。簡単でおいしいおすすめの食べ方をシェフに教えてもらいました。

チーズの簡単なアレンジ方法は?

種類豊富なフランスチーズ
そのまま食べる以外にもいろいろな食べ方を楽しめるチーズ

秋冬はチーズがおいしく感じられる季節。たまにはプロセスチーズではなく、フランスやイタリアのナチュラルチーズを……と思っても、ワインのおつまみくらいしかすぐに食べ方が思いつかない人もいるのではないでしょうか。
 
イベント「フレンチチーズタウン」の様子
イベント「フレンチチーズタウン」の様子

そこで今回は11月に都内で開催された2つのチーズイベントをレポート。シェフに教えてもらったチーズの意外な楽しみ方を紹介します。
 

世界一売れているPDOチーズ、グラナ・パダーノ

イタリアチーズ「グラナ・パダーノ」
グラナ・パダーノ

まずはイタリアチーズから。イタリアチーズというと、日本ではパルミジャーノ・レッジャーノやゴルゴンゾーラが有名ですが、現地イタリアで最もポピュラーなチーズのひとつが「グラナ・パダーノ」。北イタリアで1135年ごろに修道士がつくったチーズで、PDOという原産地名称保護に認定されたチーズとしては、なんと世界一売れているのだとか。日本でもスーパーなどで見かけます。

実はパルミジャーノ・レッジャーノとは製法もルーツもほぼ同じですが、熟成期間が短めなので、塩気や旨みがマイルドで、値段も安め。先ごろ、グラナ・パダーノチーズ保護協会が主催したイベントに登壇した東京・千石のイタリア料理店「リストランテ ヴォーロ・コズィ」の西口大輔シェフいわく、料理人が好んで使うチーズとのこと。
 
「リストランテ ヴォーロ・コズィ」の西口大輔シェフ(右)とチーズプロフェッショナル協会理事の佐藤優子さん(左)
「リストランテ ヴォーロ・コズィ」の西口大輔シェフ(右)とチーズプロフェッショナル協会顧問の佐藤優子さん(左)

「現地の人は、グラナ・パダーノのことを“親切なチーズ”だといいますね。理由は味わいがやさしく料理のジャマをしないから。たとえばリゾットの仕上げに入れると、まずは米の甘みや旨みをしっかり感じられ、そのあとにチーズの香りや旨み、コクがでてきます」(西口シェフ)

また、チーズプロフェッショナル協会顧問の佐藤優子さんによれば、グラナ・パダーノは味わいのマイルドさから、相性がよい飲み物の幅も広いそう。たとえばビールや日本酒にも。ビールならラガーよりエール、日本酒なら純米酒や純米大吟醸酒がおすすめだそうです。
 

おろして焼くだけで絶品おつまみに!

グラナ・パダーノ
おろしてフライパンで焼くとパリパリに! 可能なら途中で裏返すとさらにいい焼き加減に

西口シェフが教えてくれたグラナ・パダーノの楽しみ方の中で、目からウロコだったのが、シンプルにフライパンで焼くというもの。

「チーズをおろして粉にして、フッ素樹脂加工のフライパンにパラパラと振って火にかけると、油が抜けていきます。適当な固さになったらフライパンを濡れ布巾にのせると固まります」(西口シェフ)

食べてみると、油も敷かず、ただチーズを焼いただけなのに、塩気と旨みのバランスが最高。パリパリした食感もたまりません。ちなみにグラナ・パダーノは熟成によっていくつかタイプがあり、フライパンで焼くなら、水分が少ないレゼルヴァ(熟成20カ月以上)がよりおすすめです。

>(次ページ)「おにぎり」+「チーズ」をプロ級においしくするコツは?



【おすすめ記事】
タリーズコーヒーとハリー・ポッターコラボの夢のようなスイーツが全国発売開始! 早速実食してみた
44都道府県ごとに違う、大阪王将『この街の焼きそば』! 東京&神奈川のご当地焼きそばを実食レポ
成城石井で大人気の“高級ポテチ”! ドバイ生まれのぜいたくポテトチップス新作3種を食べ比べ
横浜赤レンガ倉庫でクリスマスマーケットがスタート! 「ギフト」をテーマとしたツリーも点灯
焼いたホワイトチョコにクッキー丸ごと1枚入り!? スタバの新作フラペチーノがおいしすぎる
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在