「男性の理解」を得るには「男性にも理解できるような環境」が必要?

All About独自調査による「生理前~生理中につらいこと」でも、多くの女性から「腹痛がひどく動けない」「倦怠感で仕事に集中できないこともある」などの声が上がり、職場や日常生活において、男性から理解を得ることも必要に迫られていることがうかがえます。

回答者からは、「男性にもどういう症状が現れるのか理解できるような環境づくり(30代)」「男性には生理の時の体のつらさが伝わらないので、せめてもう少し体調が悪くなることとかに理解を示してほしい(30代)」「男性がいる場所でも気を使わず生理と言いたい(30代)」などのコメントが寄せられました。

また、「パートナーに、家事育児を積極的に手伝ってほしい(30代)」「堂々と男性が生理用品をお使いで買ってきてくれる世の中(30代)」などの声も見られました。
 

あるけど実際には使いにくい「生理休暇」とは?

「生理休暇をもっと普及させて欲しい。制度としてはあっても、誰も使用しておらず結局休暇を利用できない(20代)」という声も見られた「生理休暇」。「生理休暇などが偏見なく使用できれば嬉しい(20代)」「月に一回生理休暇がほしいです(20代)」などの声が上がりました。

さらに、「生理休暇にしっかりとしたお金の補助があればと思います(20代)」「生理休暇は、私の職場は取れるけど無給。これってあたりまえなのかなぁ? と思い、結局有給休暇を使って休んだりしてます(30代)」などのコメントも寄せられました。
 

「いつでも生理用品が手に入る安心感」が欲しい、の声も

All Abou独自調査による「生理中の失敗エピソード」では、急に始まった生理に対応できず、困ったというエピソードも多数寄せられた中、今回の調査でも「学校や女子トイレにナプキンを置いといてほしい(20代)」「外出先で急に生理になった時など、飲食店などにナプキンが置いてあるとありがたい(40代)」「有料でも良いので急な生理に備えてどのトイレにもナプキンを設置して欲しいです(20代)」などの声が多く見られました。

また、「使い捨てのタイプを使い続けたいので、出来るだけお肌にも環境にも負担のないやさしい製品ができることを期待しています(30代)」「生理前後に食べると良いメニューのレディース弁当みたいなものがあると嬉しいです。生理中ほど食事のバランスが大事だと感じているからです。これはすごく大きなサポートになると思います(30代)」など、生理中をより快適に過ごせる進化を望む声も見られました。


>記事に戻る

※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
女性500人に聞いた、生理中の失敗エピソード。「トイレットペーパーでしのいだ」「白いワンピースが……」
生理休暇を利用したことがない女性8割以上の実態。利用できない理由とは?
駅ナカのトイレで「生理用ナプキン」を無料提供、東京駅「グランスタ東京」でスタート
生理は「個性」なの? ある重度の“PMDD”を抱える女性の率直な思い
生理前のイライラでケンカに…パートナーへの怒りのコントロール法