20代の転職理由「給与・年収をアップさせたい」が最多! 希望年収は「401万円」以上

学情は、「20代の転職理由」について調査しました。「給与・年収をアップさせたい」が最多で、「もっとやりがい・達成感のある仕事がしたい」と続きました。希望年収は「401万円以上」が過半数という結果に。約6割が年収アップを希望していました。

約6割が転職による年収アップを希望……幅は「51~100万円」が最多

転職による「年収アップ」の希望とアップ幅

転職による年収アップについて、ヤングキャリアの約6割が「年収アップ」を希望。アップ幅は「51~100万円(19.8%)」が最多でした。次いで「~20万円ほど(15.8%)」「21~50万円(14.6%)」と続きました。

一方、第二新卒で「年収アップ」を希望するのは約5割でした。アップ幅は「~20万円ほど(23.6%)」が最多。次いで「21~50万円(12.9%)」「51~100万円(8.4%)」と続きました。

また、第二新卒の「仕事内容や他の条件がよければ、多少年収が下がってもよい(29.8%)」がヤングキャリアをやや上回る結果に。第二新卒はヤングキャリアと比べて、転職における年収アップの優先順位が低い様子がうかがえます。


【おすすめ記事】
「月収25万円で出社勤務」VS「月収18万円でテレワーク勤務」5.6倍の大差で勝ったのは?
4000人調査「仕事を辞めたいと思ったことアリ」8割以上。Z世代のみ「給与」が理由1位、その他世代は?
女性が「転職で役立たなかったと思う資格」 2位「英検」を抑えた圧倒的1位は?
「仕事がつまらない瞬間」ランキング! 2位「評価・感謝されないとき」に2倍以上の差をつけた1位は?
「自分の会社の好きなところ」ランキング! 2位「休日のとりやすさ」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」