大竹しのぶ、瀬戸内寂聴を追悼 「母と同じ1922年生まれ」

女優の大竹しのぶさんが11月11日、自身のInstagramを更新。11月9日に99歳で死去した、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんとのツーショット写真を投稿し、追悼しました。

女優の大竹しのぶさんが11月11日、自身のInstagramを更新。11月9日に99歳で逝去した僧侶で作家の瀬戸内寂聴さんとのツーショット写真を投稿し、追悼しました。
 

「もう一度お話ししたかったです」ツーショット写真で追悼


2016年に大竹しのぶさんが主演した舞台『ピアフ』の観劇に訪れた瀬戸内寂聴さんと撮ったツーショット写真には、舞台の装いそのままの姿で映る大竹さんと、紫の法衣をまとって笑顔を浮かべる瀬戸内寂聴さんの姿がありました。大竹さんは「美しい大きな薔薇の花束とお褒めの言葉を頂いた」と2人の関係性がうかがえるエピソードと共に投稿しました。
 

「母と同じ1922年生まれ。寂聴先生のドキュメンタリーで、ストレッチをされている姿を母に観せ、凄いねえ、お母さんも頑張って!と言っていたことがつい昨日のことのようなのに。」「寂しいなあ。もう一度お話ししたかったです。」と寂しい胸中を吐露しています。
 

コメント欄には「ご訃報とても残念でした」「ご冥福をお祈りします」など瀬戸内寂聴さんの死を悼むメッセージが多く寄せられました。その他にも「来年のピアフ、寂聴先生もお空から拍手を送って下さると思います」など、大竹さんの今後の活躍を応援するコメントも見られました。
 

改めて、瀬戸内寂聴さんのご冥福をお祈り申し上げます。


【おすすめ記事】
細木数子さん、呼吸不全で死去。娘がインスタ報告。元横綱朝青龍も「私の日本の母親」
蛯原友里、第2子女児出産! ほほ笑ましい家族写真に「朝からほっこりした気持ちになれました」
「奥様と?」有吉弘行のディズニー満喫写真にファンから憶測の声
辻希美、家族3人で仲良くプリクラ! デカ目効果に「みんなMattになる」
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在