時短解除も「家飲み」継続意向は79%。店での飲酒頻度「ほぼ無い」も47.2%と高め

リカー・イノベーションは、「飲食店における酒類提供の時短要請解除」について調査しました。対象は、同社のメルマガ会員591人です。時短要請解除後の飲食店での20時以降の飲酒について「まだ行っていない」が約6割と最多。今後も家飲みを楽しみたい人は約8割でした。

リカー・イノベーションは、11月3〜5日に「飲食店における酒類提供の時短要請解除」についてのアンケートを行いました。調査対象は、お酒のオンラインストア「KURAND(クランド)」のメールマガジン会員591人です。
 

時短要請解除後の飲食店「まだ行っていない」が約6割

「時短要請解除後」の飲食店で20時以降に飲酒した割合

時短要請解除後の飲食店での20時以降の飲酒について、「まだ行っていない(61.3%)」が最多でした。次いで、「飲みに行った(29.1%)」「まだ行っていないが直近で予定が決まっている(8.5%)」と続きました。

まだ行っていない人からは、「会社で飲酒を伴う会食は自粛するよう言われていたため(20代女性)」「家飲みをすることに慣れてしまい、外で飲むことが勿体なく感じるようになった(20代女性)」といった声が寄せられました。

一方で、飲みに行った人からは、「苦しんでる飲食店に少しでも貢献出来るようにとなるべくお店で飲むようにしています(30代女性)」といった声も見られました。

コロナ禍で、飲食店に行かないことが習慣化した可能性も考えられます。飲食店にかつての活気が戻るまで、時間がかかりそうです。
 

飲食店における飲酒頻度「ほぼ無い」が大幅に増加

コロナ禍前と現在の飲食店における「飲酒頻度」の比較

コロナ禍前と現在の飲食店における飲酒頻度について、「ほぼ無い」の割合が9.1%(コロナ禍前)から47.2%(現在)に増加。そのほかに、「月に1~2回程度」の割合が37.6%から21.5%に減少しました。飲食店での飲酒頻度が大きく減少している様子がうかがえます。



>>次ページ:今後も家飲みを楽しみたい人の割合と理由は?



【おすすめ記事】
厳格すぎる?“打てない人”は置き去り? 欧州各国で繰り広げられる「ワクチンパスポート」騒動
「ワクチンを打ったので帰省したい」の回答も…… 2021年の年末年始の過ごし方を700人に調査!
「コロナ禍での旅行に意欲的な人」調査開始以来最大の7割弱に! 旅行意欲者のワクチン接種状況は?
「月収25万円で出社勤務」VS「月収18万円でテレワーク勤務」5.6倍の大差で勝ったのは? 
企業の約6割「GoToトラベル」再開を希望、望ましい時期は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応