「ワクチンを打ったので帰省したい」の回答も…… 2021年の年末年始の過ごし方を700人に調査!

引き続きコロナ禍にある、2021年の年末年始。実家が別の都道府県にある男女700人を対象に、「年末年始の過ごし方」を聞きました。「帰省する予定」「帰省の予定はない」と回答した人が挙げたそれぞれの理由とは?

NEXERは10月12日、「2021年の年末年始」に関するアンケート調査結果を公表しました。同調査は、実家が別の都道府県にある男女700人を対象に、2021年10月3~8日の期間、インターネット上で実施されたものです。10月初旬時点での年末年始の予定について聞きました。
 

「ワクチンを打ったので」…… 帰省する予定だと回答したのは4割弱

年末年始に帰省する予定はありますか?

実家が別の都道府県にある男女700人のうち、10月初旬の現時点で年末年始は「帰省する予定」だと回答した人は37.9%でした。
 

回答者からは、「初孫ができたのと、コロナ次第だが現時点ではいけそうな気がするため(30代女性)」「コロナワクチン接種が年内に家族みんな終わる予定だから(30代女性)」「去年はコロナで行けなかったが、ワクチンを打ったので帰省したい(30代女性)」など、最近の新規感染者数の状況やワクチン接種状況などをかんがみて、といった意見が上がりました。
 

さらに、「コロナでしばらく家族に逢えていないのであいたい(20代女性)」「実家が恋しい(10代男性)」「親も高齢で、2年以上帰省しないのは有り得ない。いくら緊急事態だろうが、親族が緊急事態になってからでは遅い(50代男性)」「高齢な父が1人なのでこのままコロナが落ち着いていたら帰省する予定です(50代女性)」など、しばらく会えていない家族に会いたいというコメントも多く見られました。
 

「まだ安心できない」…… 帰省の予定はないと回答した人は約6割

一方、「帰省の予定はない」と回答した62.1%の人の理由も聞きました。もともと、「年末年始には帰省していない」「子供の受験があるため」という人も含まれているものの、「コロナが怖いです。ワクチンも打つつもりもありません。年末年始は副業します(40代女性)」「コロナ禍なので、今は我慢しています。子供達がコロナになったら、皆さんにご迷惑をかけてしまうと思います。少しでも可能性がある今は、我慢です(30代女性)」「まだワクチンを接種し終わってないから(30代女性)」などのコメントが寄せられました。


また、「コロナがリバウンドしそうで安心できないから。また、実家の母親が要介護で、介護関係者から、帰省するのであればPCR検査を受けるよう要請されていて、それが非常に煩わしいので(50代女性)」「コロナで帰ってくるなと言われている(50代女性)」「コロナがある限り県外から来た人をのけ者にする風潮な集落(30代女性)」などのコメントも見られました。
 

「会うのはワクチン接種済みの人のみ」…… 年末年始の集まり方は?

大人数が集まることも多い年末年始。例年と比べて「人の集まり方」に違いはあるのでしょうか。
 

「あまり大人数では集まらない。ワクチン接種済みな人のみ会う(40代女性)」「長時間の席というよりかは電話や玄関先でのあいさつ程度になると思う(20代男性)」「毎年義理の実家で親戚集まって食事するが、今年も顔は出しても食事、泊まりはお断りした(30代女性)」など、大人数では集まらず短時間で、という声が上がりました。
 

一方、「昨年と異なり、たくさんの親族や友達を呼びたいと思う(50代男性)」「例年息子家族2家族が我が家に集まるが、昨年は来なかった。今年は集まる予定(70代男性)」「いつもは3家族集まるが、昨年は2家族だった。今年はいつも通りになりそうだ(70代男性)」などのコメントも見られました。


※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
コロナ禍の帰省自粛から嫁姑バトル勃発…夫・妻・姑、悪いのは一体誰
コロナが終息したら旅行に行きたい海外ランキング 3位はフランス 2位は台湾 1位は…
新型コロナワクチン接種前の注意点は?してはいけないこと・問題ないこと
アストラゼネカ製ワクチンの特徴・メリット・デメリット
かかりつけ医がいない…かかりつけ医の役割・メリット・作り方

【関連リンク】
日本トレンドリサーチ
NEXER
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化