ドラゴンクエストで好きなシリーズランキング! 初代『ドラゴンクエスト』を超えた1位は?

35周年を迎えた、国民的RPG『ドラゴンクエスト』シリーズ。全国の男女200人が選んだドラゴンクエストシリーズの最も好きな作品ランキングで、2位の初代『ドラゴンクエスト』を抑え1位を獲得したのは?(画像出典:Amazon)

NEXERは、アンケートサイト「ボイスノート」にて、ドラゴンクエストに関するアンケートの調査結果を発表。同調査は、2021年10月7~13日の期間で、全国の男女200人を対象に実施しました。今回は、ドラゴンクエストシリーズのナンバリングタイトルの中から、最も好きな作品ランキングを発表します!
 

第3位:『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(34票)

(画像出典:Amazon
1992年、スーパーファミコンのソフトとして発売されたシリーズ第5作、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が3位。主人公の子ども時代から始まり、父に、そして国王になっていくさまを一緒に体験していく壮大なストーリー。過酷な主人公の人生が「泣ける」物語としても有名ですね。

回答者からは、「物語として良くまとまっており、戦闘コマンドや仲間の能力の多様性もあり楽しめた」「魔物を仲間にできるのが当時斬新だった」などの声が見られました。

また、「結婚したり子どもが生まれたり、時代が進んでいくのがおもしろかった」「3世代の冒険が斬新でストーリーも面白いから」「選択でストーリーが分かれるし、全体的なストーリーが好き」「ストーリーが泣ける」など、ストーリーについてのコメントも目立ちました。
 

第2位:『ドラゴンクエスト』(36票)

(画像出典:Amazon

1986年、ファミコンのソフトとして発売された、記念すべき第1作目『ドラゴンクエスト』が2位でした。同時に調査した「プレイしたことのある作品」ランキングでは1位を獲得。「今、新しい伝説が生まれようとしている」のキャッチコピーの通り、後にシリーズ化され国民的RPGとなる伝説を作り続けています。

回答者からは、「まさに原点であり頂点と言い切れるくらいのクオリティーであり非常に満足度が高かった」「当時のゲームで今まで無かった革新的な作品。鳥山明の絵柄も良かった」「一番シンプルでドラクエの基礎を築いた」などの声が見られました。

「とにかく面白かった。寝る時間も惜しみプレイした」「初めてプレイしたRPGでとてもハマった思い出深い作品」「ファミコン世代で当時の感動は他のシリーズでは味わえない」「子供と遊んだ思い出深い作品で、最初の長い長いパスワードがいまだに印象的。レトロさが好き」など、「初めてのRPG」として、思い出とともに印象に残っている人も多いようです。

第1位:『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』(43票)

(画像出典:Amazon
1988年に発売された第3作目、『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』が1位を獲得しました。1、2作目と合わせた「ロト三部作」の完結編。初めてセーブ機能が搭載されたり、魔法使いから戦士に転職できたりするなど、自分だけのストーリーを楽しめることでも話題となった名作です。

回答者からは、「マップが広くてまるで世界旅行! あの衝撃は忘れる事は出来ない」「裏の世界で鳥に乗って移動できるようになって感動した記憶があります」「ストーリーが印象的で当時としては群を抜く面白さだった」「エンディングが当時としては画期的な感動を呼んだ」などの声が見られました。

さらに、「職業やパーティーを選べた新しさと、ふっかつの呪文が無くなった衝撃と、すぎやまこういちの音楽が良かった」「PTメンバー数が主人公含めて4人になったり、仲間としてPTメンバーに加えるキャラクターの名前や性別・職業まで自由に選べる点。3でしか味わえない自由度がよかった」「その当時、転職というシステムが衝撃で、かなり嵌ってしまった」など、新しく3作目で導入されたゲームシステムに関するコメントも目立ちました。

>10位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
【500人に聞いた】初めて購入したゲーム機ランキング 世代別の人気No.1は懐かしのあのゲーム機
10代が選ぶ「好きなゲーム実況者」ランキング! 「狩野英孝」や「ポッキー」を抑えた1位は?
「好きな『スーパーマリオ』関連のゲーム」ランキング! 2位は王道「スーパーマリオブラザーズ シリーズ」、1位は?
「東京2020」開会式で最も良かったゲーム音楽、2位はFF「勝利のファンファーレ」、1位は?

【関連リンク】
ボイスノートマガジン
NEXER
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応