「家なんて買わなければよかった」と思う瞬間! 2位「メンテナンスが大変なとき」、1位は?

「家なんて買わなければよかった」と思う瞬間ランキング! 夢のマイホームを購入したものの、ふと後悔してしまう瞬間もあるようです。3位の「近所付き合いが面倒」、2位の「メンテナンスが大変」を抑えた1位とは?

アールピーネットは10月14日、マイホーム購入経験者を対象に実施した調査結果から、「家なんて買わなければよかった」と思う瞬間ランキングを発表。調査は、家を購入したことがある男女457人(女性251人/男性206人)を対象に、インターネット上で実施されたものです。
 

第3位:近所付き合いが面倒なとき(78人)

3位の「近所付き合いが面倒なとき」では、「地域の行事に無理やり参加させられる(男性、購入時39歳)」「ご近所付き合いが面倒だと感じるとき(女性、購入時27歳)」のほか、「マンション内の騒音に悩まされたとき(女性、購入時32歳)」などのコメントが見られました。

騒音トラブルや管理組合、町内会での人付き合いなど、周囲の人との人間関係に悩むとき、家の購入を後悔してしまう人も多いようです。
 

第2位:メンテナンスが大変なとき(110人)

1位に僅差で、2位は「メンテナンスが大変なとき」。

回答者からは、「設備が壊れたとき、高額の費用を自分で負担しなければならない(女性、購入時31歳)」「中古で買ったので、修繕費やメンテナンスに思ったよりも費用がかかってしまう(男性、購入時37歳)」などのほか、「家全体の掃除をするとき。『広いと大変だなぁ』と思う(女性、購入時33歳)」などのコメントも見られました。
 

第1位:ローン返済が苦しいとき(112人)

1位は「ローン返済が苦しいとき」でした。

回答者からは、「収入が安定せず、ローン返済の返済額がなかなか減らず、借り入れの利息が高いなと思うとき(女性、購入時28歳)」などのほか、「自営業なので、経営悪化により収入が減ったとき(男性、購入時35歳)」「給与が減額され、ローンの支払いが思っていたより厳しくなったこと(女性、購入時40歳)」など、購入時とは経済状況が変わってしまい、ローン返済が厳しくなってしまった、という声も見られました。

>8位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
2021年 SUUMO「住み続けたい街ランキング」、1位は? 「子育て世代」に人気なのは意外な“あの街”
関東圏で「住み続けたい駅」トップ3が決定! 3位「鵠沼駅」2位「石上駅」、1位は?
首都圏の「街の幸福度(駅)」ランキング! 2位「有明エリア」を抑えた1位は……
埼玉県の「住み続けたい自治体」ランキング! 3位「さいたま市中央区」、2位「さいたま市浦和区」、1位は?

【関連リンク】
外壁塗装110番(アールピーネット)
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も