ブランド総合研究所は10月9日、「地域ブランド調査2021」の結果を発表。全国で最も魅力的な都道府県は、13年連続で「北海道」となりました。市区町村別では札幌市が1位、函館市が2位と北海道が上位を独占しました。
 

>47都道府県の全ランキング結果を見る
 

「千葉県」「長崎県」の魅力度が急上昇

県魅力度前年比較(出典:プレスリリース)


13年連続で1位の北海道は、魅力度の点数が73.4点。2020年の60.8点から12.6点も伸び、47都道府県で最も点数が上昇しました。
 

北海道の次に伸びが大きかったのは、東京都。ブランド総合研究所では調査直後に開催となった東京五輪、パラリンピックの影響が大きいと分析しています。
 

次に高かったのは千葉県で、2020年の21位から12位へと急上昇。長崎県も11位から8位へと上昇しました。
 

「茨城県」は再び最下位に

都道府県魅力度ランキング最下位は、茨城県でした。2020年は過去最高の42位となり、7年連続の最下位から順位を上げましたが、再び47位となりました。
 

2020年に最下位だった栃木県は41位に順位を上げています。
 

市区町村では「軽井沢」が急上昇

魅力度市上位10位(出典:プレスリリース)

市区町村で最も魅力度が高かったのは札幌市で、2012年以来9年ぶり7度目の1位となりました。2位は函館市で、ほかにも北海道からは4位に小樽市、10位に富良野市、26位に釧路市、29位に帯広市、30位に登別市、34位に旭川市と道内にある多くの市が上位にランクインしています。
 

調査は7月5~20日の期間、インターネットで実施。20~70代の3万5489人を対象に、男女別、各年代別、地域別にほぼ同数ずつ回収し、日本の縮図になるよう、年齢や地域人口の分布にあわせて再集計しました。調査対象は全国1000の市区町村(全792市+東京23区+185町村)と47都道府県です。



【おすすめ記事】
東京は42位? 経済的に豊かな都道府県ランキング3位「茨城県」2位「富山県」1位は…
北関東の「街の幸福度」ランキング! 3位「茨城県つくば市」、2位「栃木県大田原市」、1位は?
生活にお金がかかる都道府県ランキング 1位「東京都」2位「神奈川県」、3位は…?
茨城県の住みここちランキング! 3位「つくば市」、2位「東海村」、1位はやはり…!


【関連リンク】
プレスリリース