東京と地方との格差が問題視されて久しいですが、可処分所得の中央世帯(※)に区切ってみると、東京の暮らしは必ずしも豊かではないということをご存じでしょうか?

※2人以上の世帯、かつ各都道府県ごとに可処分所得の上位40~60%の中央世帯を対象にしています。

今回は、国土交通省が発表した「企業等の東京一極集中に関する懇談会」での資料をもとに、経済的に豊かな都道府県ランキングを発表します。

 

1位は三重県

下に示しているのは、国土交通省の発表したデータをもとに、中央世帯の経済的豊かさをランキングにまとめているものです。

ここでいう、可処分所得とは給料から税金や社会保険料などを差し引いた金額です。本記事で示している経済的豊かさとは、この可処分所得から基礎支出を引いた差分、娯楽や貯金など自由に使用することのできる金額のことを指しています。基礎支出とは「食料費」「家賃+持ち家の帰属家賃」「光熱水道費」を含んでいます。

TOP3は以下の通りでした。

1位:三重県 26万4553円
2位:富山県 25万9642円
3位:茨城県 25万8190円

>>47都道府県のランキングを見る

1位は三重県で26万4553円でした。可処分所得は2位の富山県のほうがわずかに上ですが、基礎支出が少ない分、娯楽などに回せる差分(=経済的な豊かさ)は三重県の方が上回る結果となりました。
 

東京は42位

次に、経済的豊かさの下位を確認します。

日本の首都、東京都は、42位という結果になりました。基礎支出が全国の中で最も高く、差分が少なくなる結果となっています。第2の都市、大阪も東京と同じく経済的豊かさは下位にランクインする結果となりました。
 

【おすすめ記事】
家計の消費支出は月平均27万8000円!【2021年2月発表・最新家計調査】
お金持ちは実はこんな「出費」を節約している
貯蓄1000万円ある人の貯めワザ4選!子育て中に貯めるコツは?
世帯年収1000万円以上の子どもは、どんな習い事をしている?

【関連リンク】
「企業等の東京一極集中に関する懇談会」のとりまとめ