oricon MEは、同社が運営するサイト「オリコン顧客満足度(R)」内で「おすすめのビジネスチャットツールランキング」を発表。新型コロナウイルス感染予防対策の一環として注目度が高まった、ビジネス向けメッセージツール利用の実態と動向を知るため、全国の18~69歳のユーザー4237人を対象に満足度調査を実施しました。
 

本記事では、総合ランキングTOP3を中心に紹介します。
 

第3位:Chatwork

3位は、「Chatwork」です。運営元は大阪市に本社を置く国産ツール。項目別では、「ツールの使いやすさ」、「機能の充実さ」で2位、「カスタマイズ設定のわかりやすさ」で3位を獲得。利用者からは以下のようなコメントが寄せられています。
 

・私用携帯にインストールしても、他の情報が漏れることがない(30代・男性/医療・介護)

・タスク管理機能があるので、進行中の案件などもスレッドごとに管理し易い(30代・男性/製造・物流)
 

第2位:Slack

2位は、「Slack」でした。項目別では、「ツールの使いやすさ」、「カスタマイズ設定のわかりやすさ」で2位、「機能の充実さ」で3位を獲得しています。また企業規模別ランキングでは「中小企業」から「大企業」まですべてで2位と総合的な評価も高いようです。利用者のコメントでは、

・利用企業が多いので安心、リンクやコード、引用などわかりやすく捗る(20代・女性/IT系)

といった声が寄せられています。
 

第1位:Google Chat

1位は、「Google Chat」でした。総合メッセージングサービス「Google ハングアウト」の代わりに「Google Meet」と合わせて発表されたのが「Google Chat」です。

項目別ランキングでは、「ツールの使いやすさ」、「カスタマイズ設定のわかりやすさ」、「機能の充実さ」すべてで1位を独占。また企業規模別でも「中小企業」から「大企業」までオール1位を獲得。圧倒的支持を得ての1位でした。「Google Chat」を選んだ回答者のコメントを見ると、
 

・シンプルで見やすい。グループチャットではタスクごとに分けることができて内容を把握しやすいのが良かった(20代・女性/サービス業)
・Gmailと同じ画面でチャットできる点が良い(30代・男性/IT系)

といった声が寄せられており、Googleのほかのアプリとの親和性も高評価ポイントだったようです。

>次ページ:5位までのランキング結果

※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
満足度の高い「Web会議ツール」が決定! 2位「Google Meet」を抑え2年連続で総合1位を獲得したのは?
若手社員のWeb会議への悩み・ストレスを緩和する方法
リモートワークでお金は増えた? 減った? リモワ支出第1位は「水道・光熱費」
無許可の在宅ワークで25.5%が「顧客情報」を持ち出し……在宅ワークで高まる情報漏えいリスクの実態とは

【関連リンク】
プレスリリース
おすすめのビジネスチャットツールランキング・比較(オリコン顧客満足度)