リスくんが働く「クルミッ子」製造工場をデザイン 「鎌倉紅谷カレンダー2022」はデスクに置きたい可愛らしさ

鎌倉銘菓「クルミッ子」でおなじみの鎌倉紅谷が10月1日に2022年の卓上カレンダーを発売。“Kurumicco Factory”の工場“The Factory”をモチーフにした、卓上の小物入れとしても活用できるハウス型デザインです。

鎌倉銘菓「クルミッ子」でおなじみの鎌倉紅谷が、10月1日に2022年の卓上カレンダーを発売。クルミッ子の製造工場をモチーフにしたハウス型デザインで、クルミッ子が3個入る仕様だそうです!(画像はすべて鎌倉紅谷提供)
 

モチーフはクルミッ子の製造工場

鎌倉紅谷カレンダー2022(税込880円)
鎌倉紅谷カレンダー2022(税込880円)


「鎌倉紅谷カレンダー2022」は、「The Factory」をモチーフにしたデザインとなっています。「The Factory」とは、横浜・みなとみらいにある店舗「鎌倉紅谷 Kurumicco Factory」に併設している製造工場のこと。
 

そこで働くクラフトマン(職人)に扮した、同店のシンボルキャラクター“リスくん”が、クルミッ子を製造している様子がイラストで描かれています。
 

鎌倉紅谷カレンダー2022 イラスト


イラストでは、「The Factory」で実際に行われている、生地伸し(生地を均一の厚さに伸ばす作業)やキャラメル伸し(キャラメルを平らに伸ばす作業)、焼きあがったクルミッ子がレーンに並ぶ様子など、クルミッ子が作られていく様子を忠実に再現しています。
 

Kurumicco Factoryに実際に描かれている「隠れリスくん」も描かれていてビックリ!
 

クルミッ子を大事にしまっておけるハウス型

ハウス型デザイン


大きさは手のひらサイズで、ハウス型となっています。高さはクルミッ子約4個分、中の空間はクルミッ子が3個入る大きさなので、クルミッ子を大事にしまっておいてもよいですし、卓上の小物入れとして活用してもよいですね!
 

カレンダーとなっている屋根の色が季節ごとに変わる仕様で、四季の移り変わりも楽しめます。
 

毎日眺めるものだからこそ身近に置きたくなるような、小さなわくわくを感じる遊び心のあるカレンダーをチョイスしてみてはいかがでしょうか。
 

価格は税込880円、おおよそのサイズは高さ80× 奥行き70×横73mm。販売場所は、全直営店舗、オンラインショップ、電話注文(0120-15-9635 平日11:00~16:00)。

・URL:鎌倉紅谷オンラインショップ

 

【おすすめ記事】

鎌倉紅谷がパウンドケーキ「秋のぬくもり」限定発売! 栗、クルミ、和三盆のバランスが絶妙

クルミッ子より先輩のお菓子! 鎌倉紅谷「あじさい」45周年記念オンライン特別セットが販売

かまくらカスターのあの味がプリンに!? 新たな鎌倉土産「かまくらカスタープリン」とは

アニメ『スーパーカブ』の聖地は山梨だけじゃない! 修学旅行先の鎌倉のホテルが聖地巡礼者を歓迎

鎌倉・七里ガ浜「パシフィック ベーカリー」がリニューアル! ココナッツミルクブレッドが激うま

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」