モスバーガーの動物性食材を使わない「グリーンバーガー」を知っている? テリヤキ味が新発売!

モスバーガーに健康志向や食に制限がある人たちにもやさしいハンバーガーがあるのをご存じでしょうか。2020年3月に発売された「グリーンバーガー」は、原材料に動物性食材や五葷(ごくん)を使っていません。そのグリーンバーガーからテリヤキ味が発売になりました!

「グリーンバーガー<テリヤキ>」(画像はすべて筆者撮影)


定番のハンバーガーだけではなく、期間限定の商品でも話題をさらっていくモスバーガー。健康志向や食に制限がある人たちにもやさしいハンバーガーがあるのをご存じでしょうか。
 

2020年3月に発売した「グリーンバーガー」は、原材料に動物性食材や五葷(ごくん)※を使っていません。そのグリーンバーガーに9月22日、第2弾のテリヤキ味が登場しました!

※仏教における臭気の強い5種の野菜で、ネギ、ラッキョウ、ニラ、ニンニク、タマネギのこと
 

バンズは薄い緑色

薄い緑色のバンズ


今ではいろいろなハンバーガーチェーン店で売られている「テリヤキバーガー」ですが、実はモスバーガーが元祖なのです。1973年5月に、日本の大手ハンバーガーチェーンで最初にモスバーガーが「テリヤキバーガー」の販売を始めました。そのテリヤキバーガーを動物性食材を使わずに作ったのが「グリーンバーガー<テリヤキ>」です。
 

まずは緑色のバンズが目に飛び込んできます。ホウレン草ピューレが入っているため、緑色をしています。また豆乳クリームをバター状にして加えていることもあり、しっとりとした食感です。
 

大豆由来のソイパティ

大豆由来の植物性タンパクをベースにしたソイパティ


「グリーンバーガー<テリヤキ>」はグリーンリーフや細く切ったレタス、そしてトマトもサンドされています。パティは大豆由来の植物性タンパクがベース。シイタケエキスやコンニャク、キャベツを入れることで風味とボリュームを出しています。
 

ボリュームたっぷり


動物性食材を使っていないので、歯ごたえも気になるところですが、ソイパティは肉同様にしっかりとした食べ応えを感じました。
 

テリヤキソースとグリーンマヨソースはお好みで

「テリヤキソースとグリーンマヨソース」

付属の「テリヤキソースとグリーンマヨソース」は自分で量を調節してかけていきます。
 
左がテリヤキソース、右がグリーンマヨソース


買った時点で「テリヤキソースとグリーンマヨソース」がかかっていないのは、「お好きな量でどうぞ!」と自分の健康を考えている方への配慮だと感じました。
 

なお、「テリヤキソースとグリーンマヨソース」にも動物性食材は使われていません。テリヤキソースは、テンサイを原料とした上白糖を使用、甘味はあっさりしています。でも物足りなさはなく、マスタードとブラックペッパーでコクが出ている印象。そしてグリーンマヨソースは、マヨネーズの主原料である卵の代わりに枝豆が使われています。
 

「グリーンバーガー<テリヤキ>」は、1個580円(税込)。店内飲食と持ち帰りは税込み同一価格です。限定商品ではなく定番商品となっていて、一部店舗を除く全国のモスバーガーで買うことができます。
 

また今回の「グリーンバーガー<テリヤキ>」の販売によって、2020年3月に発売した「グリーンバーガー」の第1弾は販売を終了しました。動物性食材が使われていないとはいえ、ボリュームがありますし、旨味もしっかり感じられます。今後もぜひチャレンジしてほしいバーガーです。


【おすすめ記事】
モスバーガーの金曜日限定メニューを知ってる? 3つの「すぎる」がそろった超おトクバーガー
7年ぶりの復活! モスバーガーの「フォカッチャサンド」はスモーキーな味で気分はまさに「アウトドア」
累計12億8900万個販売!モスバーガーの人気ハンバーガーランキングTOP3について広報担当者に聞いてみた
2個で500円! バーガーキングが秋の「2コ得(ニコトク)」キャンペーンを開催中!
「飲食チェーン店」満足度ランキング! 3位「モスバーガー」、同率1位は前年度8位からランクアップの?


【関連リンク】
プレスリリース
モスバーガー

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化