ヒューマン・データ・ラボラトリが、全国に住む1000名にアンケート調査を実施! 男性20代が飲むヨーグルトと組み合わせて食べているものランキングが明らかになりました。
 

自粛生活で飲むヨーグルトを飲むようになった1位は「男性20代」

自粛生活の影響でヨーグルトを食べる頻度・量が増加したという人は全体の38.2%。その中で飲むヨーグルトが増えたという人は63.8%という結果に。
 

飲むヨーグルトを飲む頻度や量は増えましたか?(ヒューマン・データ・ラボラトリ調べ。全国に住む数か月に1回以上ヨーグルトを食べる人男女1000人のうちヨーグルトの喫食頻度・量が増加したと答えた382人に対して2021年6月3日~4日にインターネット調査を実施)


男性20代が8割弱の割合を占め、全年代でトップとなりました。
 

男性20代の多くが「たんぱく質を摂取するため」に飲んでいる

飲む理由については、男性20代の4人に1人(27.5%)が「たんぱく質を摂取するため」と回答。全年代を通じても最も高い結果に。
 

飲むヨーグルトをたんぱく質を摂取するために飲んでいる人の割合(ヒューマン・データ・ラボラトリ調べ。全国に住む数か月に1回以上ヨーグルトを食べる人男女1000人のうちで飲むヨーグルトを普段から食べていると回答した801人に対して2021年6月3日~4日にインターネット調査を実施)

 

男性20代が飲むヨーグルトと組み合わせているもの1位は「コーヒー」

男性20代が飲むヨーグルトと組み合わせて食べているものを調査したところ、1位に輝いたのは「コーヒー」でした。
 

飲むヨーグルトを何と組み合わせて召し上がりますか?(ヒューマン・データ・ラボラトリ調べ。全国に住む数か月に1回以上ヨーグルトを食べる人男女1000人のうち20代男性102人に対して2021年6月3日~4日にインターネット調査を実施)


次いで「シリアル(グラノーラ、コーンフレーク、オートミール等)」(11.8%)と「牛乳」(11.8%)が同率2位という結果となりました。


ランキング結果を受けて、近畿⼤学⽣物理⼯学部准教授の⾕本道哉さんは「たんぱく質と糖質が含まれる飲むヨーグルトを、トレーニング・運動後に飲むことは水分補給も含めて理にかなっている」とコメント。


さらに「運動をする30分~1時間前にコーヒーを飲んでおくと、運動中に脂肪が分解されて使われやすくなり、ダイエット効果の向上が期待できます」と述べています。


ただし、組み合わせ方については「運動をする前にコーヒー、運動が終わった後に速やかに飲むヨーグルトを飲むという方法がトレーニング効果をアップさせるベストな飲み方」とのこと。


飲むヨーグルトとコーヒーを組み合わせて飲んでいる方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
コロナ禍でヨーグルト市場が回復! マニアに聞いた、今食べたい「最新トレンドヨーグルト」6選
おいしく腸活!コンビニの飲むヨーグルト飲み比べ
胃が健康な都道府県は? 自粛期間中に太った都道府県は? 47都道府県、胃の健康度ランキング!
胃カメラで辛い・嫌なことランキング、3位「苦しい」、2位「嘔吐恐怖・吐き気」、気になる1位は?

【関連リンク】
プレスリリース