世界の空港の格付け調査を行っている「スカイトラックス」は8月5日、「ワールドエアポートアワード2021」を発表しました。コロナ禍の2020年8月~2021年7月に実施した本調査では、100を超える国の利用客が参加し、500以上の空港がエントリー。空港へのアクセスや価格、サービスはもちろん、ATM設備や空港スタッフの言語力といった点まで細かく評価しています。
 

本記事では「アジアで最も清潔な空港(Asia : The Cleanest Airports 2021)部門」ランキングをご紹介。世界から「清潔感がある」と評価されたアジアの空港はどこだったのでしょうか。
 

アジアで最も清潔な空港ランキング(出典:SKYTRAX World Airport Awards)
アジアで最も清潔な空港ランキング(出典:SKYTRAX World Airport Awards)※3位までを抜粋
 

第3位:成田国際空港(Tokyo Narita)

「アジアで最も清潔な空港」3位は日本の成田空港でした。「World’s Top 100 Airports(世界最高の空港)」ランキングでは2020年に7位、2019年に9位を獲得している成田国際空港は、日本最大級の国際拠点空港。延床面積約90万平方メートル以上もの広さがある敷地内を日夜清掃ロボットが稼働しており、「お客さまに見せる清掃」として各国の来場者から評価されています。
 

第2位:シンガポール・チャンギ国際空港(Singapore Changi)

2位はシンガポールのチャンギ国際空港でした。「World’s Top 100 Airports(世界最高の空港)」ランキングでは2013年から8年連続で1位を獲得。1981年の開業からこれまで400以上の賞を受賞してきたアジアを代表する空港です。また、人口約500万人前後の都市国家であるシンガポールにおいて、チャンギ国際空港はシンガポール経済とは切り離せない重要な拠点でもあります。
 

第1位:羽田空港(Tokyo Haneda)

1位は日本の羽田空港でした。同部門では6年連続の1位獲得です。日本最大の空港である羽田空港は成田空港とならび首都圏の空の玄関として知られています。スカイトラックスが過去に実施した「Global Airport Ranking 2014」では、国内の空港として初めて世界最高水準である5つ星を獲得。今回のランキングでも「世界一清潔な空港」のほか「世界一の国内線空港」や「世界一バリアフリーな空港」賞を受賞しています。
 

運営する日本空港ビルデングCEOの鷹城勲氏は「パンデミックにより世界中で動きを制限する措置が講じられていますが、私たち『チーム羽田』は現状が終結するときを楽しみにしており、お客様の安全と施設とサービスの提供に引き続き取り組んで参ります」とコメントしています。


>10位までの全ランキング結果を見る


出典:World’s Cleanest Airports 2021(SKYTRAX World Airport Awards)



【おすすめ記事】
「世界で最も清潔な空港」ランキング! 3位「成田国際空港」、2位「チャンギ国際空港」、1位は?
「アジア大学ランキング2021」発表! 3位「シンガポール国立大学」、2位「北京大学」、1位や日本の大学の順位は?
留学先の魅力度を測る世界の都市ランキング! 3位「ソウル・東京」、2位「ミュンヘン」、1位は?
アジア各国での旅行先検索ランキング!「日本」が1位の国多数