住宅・不動産情報サイト「ライフルホームズ」は、同サイト内で実際に検索・問い合わせの多かった行政区を算出し「2021年 LIFULL HOME'S 住みたい行政区ランキング」を発表。「買って住みたい」と「借りて住みたい」に分け、それぞれ4つの地域別で公開しています。
 

本記事では九州圏(福岡県)の買って住みたい行政区ランキングをご紹介。調査期間は2020年1月1日~12月31日。
 

九州圏の「買って住みたい行政区」ランキング(TOP3までを抜粋)
九州圏の「買って住みたい行政区」ランキング(TOP3までを抜粋)
 

第1位:福岡市中央区

九州圏の「買って住みたい行政区」ランキング1位は「福岡市中央区」でした。福岡市を構成する7つの行政区の1つで、博多区とならび、同市の中心を担う区です。人口は約20万人(2021年現在)。天神やシーサイドももち、福岡PayPayドームを擁する九州地方最大の繁華街として発展しています。
 

福岡市の中心というだけではなく、西日本エリアでは大阪市や神戸市に次ぐ事業集積地であり、就業人口も多い地域です。居住ニーズも高くさらには観光資源も豊富なことから、他地域からの移住・セカンドハウス需要の受け皿・玄関口となっている地域でもあります。
 

第2位:福岡市東区

2位は「福岡市東区」でした。市内中心部に対してベッドタウンとしての色合いが濃く、福岡市の7つある行政区のなかでも最も人口が多い地域です。2017年には政令指定都市の「行政区」のなかで、全国で2番目に人口の多い区でもありました。
 

近年は分譲マンションの開発が続いており、これまで福岡市中心部〜西側に発展していた住宅地エリアが、東側にも広がっていることから注目度も高まっているようです。中心部にくらべ安価に購入可能なうえ、まだまだ開発余地が残されている地域として今後もさらに注目されるとみています。
 

第3位:福岡市早良区

3位は「福岡市早良区(さわらく)」でした。中央区や東区と同様に福岡市を構成する7つの行政区の1つです。北は博多湾に面し、南は佐賀県と接している南北にのびた地域。地下鉄やバス、高速道路といったさまざまな交通手段が発達しており、住宅地からオフィス街、商業・公共施設が立ちならび、福岡市の西部広域拠点を形成している地域です。


>10位までの全ランキング結果を見る


出典:2021年LIFULL HOME'S住みたい行政区ランキング(不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME'S)


【おすすめ記事】
福岡県民が選ぶ「住みたい街」ランキング! 2位「福岡市博多区」、1位は3年連続の…?
九州の人が選ぶ「買って住みたい街(駅)」ランキング! 3位「西鉄平尾」、2位「藤崎」、1位は?
福岡県の住みここちランキング! 3位「糟屋郡新宮町」、2位「福岡市城南区」、1位は3年連続の…
福岡市で人気のある駅ランキング! 3位「高宮」、2位「西鉄平尾」、1位は?