「サーティワンのフレーバーランキング」ダブルで注文するなら?最強の組み合わせ1位は人気No.1「ポッピングシャワー」と…?

様々なフレーバーがそろうサーティワンアイスクリーム。ダブルで注文するとなると組み合わせに迷うことも。そこで今回は全国の男女405名に聞いた「サーティワンアイスクリームのダブルで注文するフレーバーは?」のアンケート結果を発表します。

定番から期間限定まで常時28~32種類のフレーバーがそろうサーティワンアイスクリーム。ダブルで注文するとなると組み合わせも多く迷ってしまいます。
 

そこでオールアバウトは全国の男女405名にアンケートを実施。今回は「サーティワンアイスクリームのダブルで注文するフレーバーは?」のアンケート結果を発表します。
 

※アンケートは全国各地405名を対象に実施
※男女比:男性 68名/女性 330名/回答しない 7名
※年齢比:10代 11名/20代 100名/30代 145名/40代 101名/50代 42名/60代 6名

 

1位は「ロッキーロード・ホッピングシャワー」

それでは結果を発表します。こちらに示したのは、31種類のフレーバーからダブルで注文する2種類を選択してもらった結果を集計し、ランキング形式で整理したものです。

 

 

TOP3は以下の通りでした。
 

1位:ロッキーロード・ポッピングシャワー 12票
2位:チョコレート・バニラ 10票
3位:ベリーベリーストロベリー・ポッピングシャワー 9票

 

>>TOP10の結果はこちら!

 

1位は12票で「ロッキーロード・ポッピングシャワー」。

 

・ロッキーロードのナッツとマシュマロの食感が面白く、またポッピングシャワーのパチパチする食感も楽しいため。(埼玉県 女性)

・特に好きなアイスの組み合わせ。こってりなチョコ味と、遊び心のあるアイス。(北海道 女性)

・好きなフレーバーの1番と2番だから。(岩手県 女性)

 

チョコミント風のアイスにパチパチキャンディがちりばめられたサーティワンの人気No.1「ポッピングシャワー」との組み合わせは、今回のアンケートでもTOP10のうち、4つがランクインしました。
 

中でも人気を集めたのがアーモンドとマシュマロの食感が楽しい「ロッキーロード」との組み合わせ。濃厚な味とさっぱり味で食べ飽きず、異なる食感を楽しめる満足感が高い組み合わせです。

 

2位は「チョコレート・バニラ」

2位は10票で「チョコレート・バニラ」。

 

・王道が一番だから。(宮崎県 男性)

・両方とも定番の味ですが、二つの全く異なる味を楽しむことができ、一緒に食べるとミックスになり、一度に3色の味を楽しめるから。(海外 女性)

・バニラとチョコの味が好きで、この2つが重なっても味がお互いに邪魔しないからです。(大阪府 女性)

 

バニラの豊かな香りにこだわった「バニラ」、2種類のココアを使用したコクのある「チョコレート」。シンプルイズベストな王道ダブルが多くの票を集めました。
 

どんなアイスとも相性がいい万能フレーバー「バニラ」との組み合わせは鉄板。今回のアンケートでもTOP10のうち、3つランクインしました。

 

3位は「ベリーベリーストロベリー・ポッピングシャワー」

3位は9票で「ベリーベリーストロベリー・ポッピングシャワー」でした。

 

・ピンク色のストロベリーとグリーンのポッピングシャワーのコラボレーションが綺麗だからです。(千葉県 女性)

・口の中のパチパチとすっきり感、甘さと酸っぱさで選ぶことが多いです。(神奈川県 女性)

・ベリーベリーは鉄板。ポッピングシャワーは食感が楽しいから。(千葉県 女性)

 

サーティワンでしか食べられない「ポッピングシャワー」はやはり外せないフレーバー。イチゴの果肉とピューレを使用した「ベリーベリーストロベリー」の甘酸っぱさとも相性がいいようです。
 

ミントグリーンとピンクの見た目も可愛く、思わずダブルで注文したくなる納得の組み合わせです。

 

【おすすめ記事】
サーティワンの好きなフレーバーランキング 2位「キャラメルリボン」を抑え1位に輝いたのは「ミレニアム」期間限定だったあの味
サーティワンのトリプル組み合わせランキング 4495通りの中から選ばれた最強のフレーバー1位は…
「2本買いしたい」ハーゲンダッツからバー『マロンタルト』が期間限定発売! ラム酒を使った大人な味わい
セブン新作「まるでマスカットスイーツのような ななパフェ」を実食! 300円のプチ贅沢スイーツ

 

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」