東海の高校生に人気の「校風や雰囲気が良い大学(イメージ)」ランキング! 3位「名古屋大学」、2位「東京大学」を抑え、1位になったのは?

リクルート進学総研が公開した「進学ブランド力調査2021」によると、東海の高校生が選ぶ「校風や雰囲気の良い大学(イメージ)」は、3位「名古屋大」、2位「東大」、1位「早稲田大」でした。3位の名古屋大は2020年の6位から3ランクアップです。

リクルート進学総研は、2022年3月卒業予定の高校3年生1万2271人を対象に、大学に対する志願度や知名度、イメージに関する調査を実施。「進学ブランド力調査2021」として公開しました。
 

本記事では東海エリア(静岡県、愛知県、岐阜県、三重県)の高校生が選ぶ「校風や雰囲気が良い大学(イメージ)」ランキングを紹介。調査期間は2021年4月2~30日。
 

東海エリアの高校生が選ぶ「校風や雰囲気の良い大学(イメージ)」ランキング(TOP3のみを抜粋)
東海エリアの高校生が選ぶ「校風や雰囲気の良い大学(イメージ)」ランキング(TOP3のみを抜粋)
 

第1位:早稲田大学(19.2%)

東海エリアの高校生が選んだ「校風や雰囲気が良い大学(イメージ)」1位は「早稲田大学」でした。東京都新宿区に本部を置く私立大の1つですが、東海エリアでもそのブランド力は大きいようです。
 

都心にある4つのキャンパスのうち、もっとも古く歴史あるのが「早稲田キャンパス」です。通称「本キャン」と呼ばれており、創立者である大隈重信の銅像や大隈講堂があるため、写真撮影で訪れる人もいるそう。キャンパス内は、東京の中心地にありながら緑が多く綺麗です。周辺には学生向けの安くて美味しいお店や書店などが点在し活気のある街です。通常は穏やかで落ち着いた雰囲気ですが、4月の新歓期や11月の早稲田祭などは多くの人で賑わいます。
 

第2位:東京大学(16.9%)

2位は「東京大学」でした。早稲田大とともに都内の大学がランクインです。「東大」のブランド力や影響力は東海の高校生にも大きい様子。東京都文京区に本部を置く同校は、言わずと知れた国内トップクラスの国立大学です。
 

敷居が高く感じる東大のキャンパスですが、実は個人での訪問であれば事前登録不要で構内を見学可能。東京ドーム11個分もの広大な敷地面積を誇る「本郷キャンパス」は、有名な赤門や銀杏並木通りのほか、学生食堂やレストラン、お土産屋さんなどにも立ち寄ることができます。
 

第3位:名古屋大学(16.3%)

3位は「名古屋大学」でした。愛知県名古屋市に本部を置く名大は、東山キャンパスをはじめとした3つのキャンパスと9学部に約1万5000人の生徒が在籍しています。21世紀に入ってからは、日本人ノーベル賞受賞者13名のうち6名が受賞しているなど、高い研究力を誇る大学です。


>10位までの全ランキング結果を見る


出典:進学ブランド力調査2021(リクルート進学総研調べ)



【おすすめ記事】
関東の高校生に人気の「校風や雰囲気が良い大学(イメージ)」ランキング! 2位「早稲田大学」、1位は2年連続で?
「東海エリアの高校生が志願したい大学」ランキング! 2位「名古屋大学」、1位は2年連続で…
東海エリアの高校生に聞いた「知っている大学(知名度)」ランキング! 1位は2年連続で?
東海の高校生が選ぶ「志願したい大学(文系)」ランキング! 2位「中京大学」、1位は?

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化