ローソンの新作スイーツ! 「マリトッツォ」を含むクリームたっぷりの3品に注目

ローソンは「トロケマシュー –とろけるシュークリーム(ミルク&ホイップ)–」「どらもっち(バニラ&バニラ)」「Uchi Café Spécialité 澄(すみ)ふわマリトッツォ(ヘーゼルナッツチョコ入り)」を、8月10日(火)から全国の店舗で順次発売します。

ローソンは、クリームたっぷりの新作スイーツを8月10日(火)から全国のローソン店舗で順次発売します。
 

ラインナップは、「トロケマシュー –とろけるシュークリーム(ミルク&ホイップ)–」200円(税込)、「どらもっち(バニラ&バニラ)」190円(税込)、「Uchi Café Spécialité 澄(すみ)ふわマリトッツォ(ヘーゼルナッツチョコ入り)」260円(税込)の3種。
 

2019年3月に発売を開始した「新感覚スイーツシリーズ」は、これまでにシリーズ累計1億7000万個以上を販売。2019年5月に発売を開始した「どらもっちシリーズ」と2020年10月に発売を開始した「Uchi Café Spécialitéシリーズ」は、いずれも累計3500万個以上を販売する人気シリーズとなっています。
 

新商品紹介

新商品3品はこちら。

1. トロケマシュー –とろけるシュークリーム(ミルク&ホイップ)– 200円(税込)
 
トロケマシュー –とろけるシュークリーム(ミルク&ホイップ)–

シュー生地に北海道産生クリームをブレンドしたホイップクリームと、北海道産生クリームと練乳を使用した濃厚な味わいのミルククリームを入れたシュークリームです。口どけの良いシュー生地によって、ホイップクリームとミルククリームの味わいが堪能できます。8月10日(火)発売。


2. どらもっち(バニラ&バニラ) 190円(税込)
 
どらもっち(バニラ&バニラ)

長いもを配合したもっちりと歯切れの良いどら焼生地の中に、北海道産生クリームを使ったバニラクリームと、マダガスカル産バニラビーンズを使いとろりとした食感に仕立てたバニラソースを入れた和洋折衷どら焼。乳味感のあるバニラクリームと豊かな香りのあるバニラソースが楽しめます。8月10日(火)発売。


3. Uchi Café Spécialité 澄(すみ)ふわマリトッツォ(ヘーゼルナッツチョコ入り) 260円(税込)
 
Uchi Café Spécialité 澄(すみ)ふわマリトッツォ(ヘーゼルナッツチョコ入り)


北海道産生クリーム、練乳、マスカルポーネを使用した口どけの軽いクリームを、国産小麦の小麦粉を使ったほろほろとした食感のブリオッシュ生地でサンド。ブリオッシュ生地とクリームの間にヘーゼルナッツチョコを入れることで、味と食感にアクセントをつけています。8月17日(火)発売。
 


【おすすめ記事】
ヤマザキから新作「マリトッツォ(チーズクリーム)」が登場! 「マリトッツォ(オレンジピール入り)」と食べ比べてみたら…
コンビニ「マリトッツォ」3種食べ比べ! セブン、ファミマ、ローソン100…個性豊かな特徴まとめ
大人気の“マリトッツォ”がたったの108円? 「ローソンストア100」の新作マリトッツォ! その味はいかに…?
カルディの「ネコバッグ」が今年も数量限定で発売! バッグや紅茶、お菓子も入って大人気の予感…!


【関連リンク】
プレスリリース

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」