大人気の“マリトッツォ”がたったの108円? 「ローソンストア100」の新作マリトッツォ! その味はいかに…?

6月9日、全国の「ローソンストア100」で「マリトッツォ(チョコ入りホイップ)」が新発売! 話題のスイーツ「マリトッツォ」がなんと100円で食べられるなんて……マリトッツォ界に激震が走ります。「100円マリトッツォ」をさっそく食べてみました!

6月9日、全国の「ローソンストア100」で「マリトッツォ(チョコ入りホイップ)」が新発売! 話題のスイーツ「マリトッツォ」がなんと100円(税込108円)で食べられるなんて、これはマリトッツォ界に激震が走ります。マリトッツォ界の新鋭、「ローソンストア100」の「マリトッツォ(チョコ入りホイップ)」をさっそく食べてみました!
 

「ローソンストア100」の「マリトッツォ(チョコ入りホイップ)」

「ローソンストア100」限定の「マリトッツォ(チョコ入りホイップ)」
「ローソンストア100」の「マリトッツォ(チョコ入りホイップ)」は、パンコーナーではなく、シュークリームなどが並ぶ、スイーツコーナーにあります。
おなじみのパン生地で、食べやすそう!
パッケージを開けると、ふんわりバターの香るパンのいい香り。ブリオッシュ生地というよりは、なじみのあるコッペパンやロールパンという印象。手に取った感じもパサパサ感はなく、しっとりとしています。
 

「マリトッツォ」が100円(税込108円)で食べられる秘密とは……?

マリトッツォが100円(税込108円)で食べられる秘密とは?
マリトッツォといえば、表面を綺麗に整えたクリームが特徴ですが、ローソンストア100のマリトッツォは……? 実はここに低コストで抑えた秘密があるのだとか! この「クリームの表面を整える」という製造工程を省くことでコストを削減、私たちは100円(税込108円)でマリトッツォをいただけるというわけなのです。

もちろん、専門店などで販売されている、表面がなめらかなマリトッツォの見た目は気分が上がりますが、それはそれ! 気軽にマリトッツォが食べられる! こちらも気分が上がります。
削りチョコたっぷりのクリーム
削りチョコが惜しみなく入った軽めのホイップクリーム。パンはしっとり、クリームは、全体にチョコが混ぜ込んであるのですが、とても軽やかであっさりしています。

「話題沸騰中のマリトッツォを手軽に楽しんでいただきたい」という「ローソンストア100」の想いを十分感じられる、菓子パンのような手軽さで楽しめるマリトッツォです。バナナやオレンジなどのフルーツをトッピングしても美味しそう……そんなアレンジをどんどん試せるのも「ローソンストア100」のマリトッツォだからこその楽しみ方ですね。

【おすすめ記事】
話題の「マリトッツォ」がヤマザキから発売! ホイップふわふわで、リピ買い確定!
『ポムポムプリンのスフレ・プリン』『マリトッツォ』も!「ファミマスイーツ新商品」
セブン-イレブンで見つけた「マリトッツォ」! ご近所スイーツを食べてみた
スタバの「マリトッツォ」は感涙もの! 溢れんばかりのクリームにスイーツ好きもうなる美味しさ
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは