話題の『ポムポムプリンのスフレ・プリン』『マリトッツォ』も! 本格派が揃った「ファミマスイーツ新商品」4品を食べてみた

6月8日、ファミリーマート各店でファミマスイーツ新商品が発売されました。ポムポムプリンのパッケージが可愛い『ポムポムスフレ・プリン』や話題のマリトッツォ風スイーツなど、注目のラインナップ4品をさっそく食べてみました!

6月8日、ファミリーマート各店で、ファミマスイーツ新商品が発売されました。6品もの新商品の中から、注目のラインナップ4品をさっそく食べてみました!
 

1:見た目のかわいさに騙されます! 『ポムポムスフレ・プリン』は本格スイーツ

『ポムポムスフレ・プリン』
ポムポムプリンがカップにすっぽり入ってしまったかのような、可愛らしい見た目とボリューム!
フタを開けるとキャラメルスフレが、もりっと飛び出します
スプーンを入れると、一番上のキャラメルスフレから、シュワシュワ~っと音がします。キャラメルスフレはスポンジのようなスフレ生地を想像していたら、なめらかなムースのよう。濃厚なキャラメルの味わいといい、最初のイメージと違う食感と味わいに驚きます。
キャラメルスフレ、カラメルソース、ホイップクリーム、そしてプリン!
上から、泡のようにとろけるキャラメルスフレ、香ばしいカラメルソース、ホイップクリーム、そしてプリンにようやく到達! クリームのようになめらかなプリンです。4層を一緒に食べると、キャラメルが香ばしくて、濃厚で、ポムポムプリンの可愛い見た目にすっかり騙された感じがします……。『ポムポムスフレ・プリン』は、大人も大満足の濃厚スイーツでした!

DATA: 『ポムポムスフレ・プリン』(税込298円)
 

2:『クリームシフォン マリトッツォ風』は今までにないマリトッツォ

『クリームシフォン マリトッツォ風』
「マリトッツォ風」と名付けられているだけに、今までのパン生地マリトッツォと違い、こちらはしっかりスイーツ感があります。
ふんわりとしたシフォン生地にクリームたっぷり
まず、生地はふんわりとしたシフォン生地。クリームたっぷりの見た目は、おなじみのマリトッツォそのものです。
ふわっと香るオレンジが爽やかなシフォン生地
軽くて口どけのよいクリームに、オレンジがふわっと香るシフォン生地が爽やか。軽く食べられてしまうのですが、シュークリームより、もう少ししっかりスイーツが食べたいとき(そんなとき、ありますよね……?)にぴったりの重さです。
なるほど、自分好みのアレンジが楽しめそうです
パッケージ裏に紹介されていたのですが、フルーツなどを加えてアレンジしても楽しめそうです。

DATA:『クリームシフォン マリトッツォ風』(税込198円)
 

3:ケンズカフェ東京の氏家シェフと一緒に作った『メルティショコラ』

『メルティショコラ』
スイーツコーナーに、しれっと並んでいましたが、こちらは「ケンズカフェ東京」の氏家シェフと一緒に作った本格スイーツとのこと! こだわりのオリジナルチョコレートを約30%使用しているだけあって、濃厚で香り高いチョコレートが味わえます。
なめらかで贅沢な食感
ショコラプリンとショコラクリームの2層仕立てなのですが、すべてがなめらかでとろける、食感も贅沢なスイーツです。

DATA:『メルティショコラ』(税込248円)
 

4:濃厚なピスタチオが味わえる! 『香ばしピスタチオのプリン』

『香ばしピスタチオのプリン』
ピスタチオの味わいがかなり濃厚! 一口食べれば、ピスタチオの香ばしさが口いっぱいに広がる、ピスタチオ好きにはたまらないスイーツです。ローストしたピスタチオペーストのほか、北海道産純生クリームが使用されたプリンは、なめらかでコクがあります。

先ほどの『メルティショコラ』と、この『香ばしピスタチオのプリン』は夕食後のデザートにぴったりな贅沢感が味わえます。

DATA:『香ばしピスタチオのプリン』(税込172円)※ ファミリーマート限定・数量限定

【おすすめ記事】
セブン-イレブンで見つけた「マリトッツォ」! ご近所スイーツを食べてみた
話題の「マリトッツォ」がヤマザキから発売! ホイップふわふわで、リピ買い確定!
イタリアンプリンやメロンのシュークリームも!「ローソンストア100」6月の新商品
ローソン「プレミアムロールケーキ」シリーズに宇治抹茶を使用した新作が登場
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」