イタリア・ローマ発のスイーツパン「マリトッツォ」。スターバックスが運営するイタリアン・ベーカリー「プリンチ(R)」でも販売されています。話題のマリトッツォ、しかもスタバ! ミーハーかつスタバフリークとしては食べないわけにはいきません!
 

スタバのマリトッツォを求めて「銀座マロニエ通り」店へ!

「プリンチ(R)」のマリトッツォは2021年4月現在、「プリンチ 代官山T-SITE」「スターバックス リザーブ(R) ロースタリー 東京」「スターバックス リザーブ(R) ストア 銀座マロニエ通り」の3店舗で購入できます。

スターバックス リザーブ(R) ストア 銀座マロニエ通り(筆者撮影)

人気商品なので、買えますように……と祈りつつ、「スターバックス リザーブ(R) ストア 銀座マロニエ通り」店へ!

奥が「マリトッツォ ノッチョーラ」税別380円、手前が期間限定の「マリトッツォ さくら」税別420円(筆者撮影)

まず、もう見た目がいけませんね……素敵すぎるし、美味しそう。この日購入できたのは、「マリトッツォ ノッチョーラ」と「マリトッツォ さくら」の2種類。「マリトッツォ さくら」は期間限定メニューです。
 

定番「マリトッツォ ノッチョーラ」

まずは定番の「マリトッツォ ノッチョーラ」をいただきます。見た目だけでいえば、シュークリーム感覚でガブッとかぶりつきたいところですが、店員さんがフォークも付けてくれたし、断面もちゃんと見てみたいので我慢。サイズは片手握りこぶしぐらいです。

この溢れんばかりのクリーム……泡のようにすっと溶けます。そして甘くない、なんてお上品な! 正直このとき、めちゃくちゃ甘いものが食べたかったので、ちょっと物足りなく感じてしまったのですが、ここで終わらないのが、このマリトッツォなのです。

中には、ヘーゼルナッツの風味が香る「ジャンドゥーヤソース」(筆者撮影)

中にはこってり「ジャンドゥーヤソース」。香ばしくて、事前に聞いていなくてもしっかり「ヘーゼルナッツ!」と答えられるナッツの深い味わい。

そしてブリオッシュ生地がジューシーなんです。パンがジューシーってなかなか使わない表現ですが、クリームと一緒にすっと溶ける感じ。そして、ほのかに香るオレンジ風味が涙もの。なんでそこまで気が付くのでしょうか……ナッツ、ホイップクリーム、オレンジ風味って!
 

期間限定の「マリトッツォ さくら」のドルチェ感ときたら……

期間限定の「マリトッツォ さくら」見た目が春満開! (筆者撮影)

期間限定の「マリトッツォ さくら」。淡いピンクのクリームに、濃いめピンクのパウダー。全身で春を表現している憎いフォルム。

ふわふわで、すっと溶けるクリームは、ほのかなさくら風味が爽やか。そして、やはりこちらのマリトッツォも中に秘宝が。甘酸っぱいラズベリーソースと、こっくりピスタチオクリーム。もうドルチェですね、これは! しつこくない甘さのクリームと甘酸っぱさで、2個目だろうと、するする食べられてしまいます。

ドルチェ感たっぷりのクリームゾーン、すごく良い仕事をしているピンクパウダー(筆者撮影)

そして、可愛さ演出だけだと思っていた濃いめピンクパウダー。実は、このパウダーのしっかりとした塩気が、マリトッツォ全体をきりっと引き締めていました……完敗。

甘さ控えめ、でもしっかりスイーツ好きも満足させるスタバのマリトッツォ。モーニングにもランチにも、デザートとしても大満足です。一緒に飲んだコーヒーがめちゃくちゃ美味しく感じられます……なんて幸せ。今後、新しい味が出ることにも期待したいですね!