リクルートの「じゃらんリサーチセンター」は、全国1万5719人の宿泊旅行者を対象に「じゃらん宿泊旅行調査 2021」を実施しました。観光などを目的とした宿泊を伴う国内旅行実態(出張、帰省、修学旅行などを除く)を調べるもので、2021年で17回目。2020年度の宿泊旅行実施率は31.2%で、2005年の調査開始以来、過去最低値となりました。
 

今回はアンケート結果から、「食・特産品に興味がある」部門で人気となった地域のランキング上位を紹介します。調査期間は2021年4月8~22日。
 
・出典:「じゃらん宿泊旅行調査 2021」(リクルートじゃらんリサーチセンター調べ)

※選んだ理由別 都道府県ランキング「そこならではの食・特産品に興味があったから」より
 

第3位:沖縄県

3位の「沖縄県」はパパイヤやマンゴー、パイナップルなど、南国のフルーツがたくさん収穫されている地域。ソーキそばやちんすこうといった特産品も人気で、沖縄産の泡盛は根強い支持を集めているお酒です。
 

第2位:高知県

2位は「高知県」でした。カツオや川エビなどの魚介類が美味で、観光客を楽しませてくれます。さらに須崎市には「鍋焼きラーメン」というご当地メニューがあり、店舗ごとの味を食べ比べしてみるのも一興でしょう。
 

第1位:石川県

そして、1位は「石川県」でした。全国的にも珍しい魚、のどぐろの獲れる海域がある都道府県です。そのほかにも、サバやアナゴといった海鮮類からカレーライスのようなB級グルメまで、幅広い食品が全国的に注目されています。
 

>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
観光スポットに興味がある「国内旅行先」 1位は?
テレビや雑誌で話題になっていた「国内旅行先」 2位「長崎県」を上回る1位は?
「国内旅行」総合満足度ランキング! 1位は?
アクティビティに興味がある「国内旅行先」ランキング! 2位「大阪府」を上回る1位は?