「髪に自信がある人が多い」都道府県ランキング! 同率3位「茨城県」「山梨県」、1位は?

自分の髪に自信がある人が多い「髪ポジティブな県」、逆に髪に自信がない人が多い「髪ネガティブな県」ランキングを発表! 髪に自信がないポイントや美容室選びで重視することなど、全国47都道府県別に「髪」について徹底調査しました。

アデランスは7月14日、「髪に関する県民性」調査結果を発表しました。47都道府県から20~60代の男女各104人(女性52人、男性52人)、計4888人を対象にインターネット上でアンケートを実施。髪への考え方や、美容室の選び方などについての県民性を調査しました。
 

「髪ポジティブな県」ランキングTOP3! 同率1位は神奈川県&高知県

「髪ポジティブな県」ランキングTOP3!


「あなたはご自身の“髪”について自信がありますか?」という質問に対して、「自信がある」「やや自信がある」と回答した人の割合が高い「髪ポジティブな県」は、「神奈川県」と「高知県」が同率1位でした。

「自信がある」「やや自信がある」と回答した人は26.0%と約4分の1の人が髪に自信を持っているようです。同率3位は「茨城県」と「山梨県」でした。
 

「髪ネガティブな県」ランキングTOP10! 1位は「宮崎県」

「髪ネガティブな県」ランキングTOP10!


自分自身の髪に「あまり自信がない」「自信がない」と回答した人の割合が高い「髪ネガティブな県」の首位は「宮崎県」で、59.6%と約6割の人が「髪に自信がない」と回答しています。「髪ネガティブな県」TOP10では、多くを西日本の県が占める結果となりました。
 

ボリューム、白髪……「自信がない」ポイント別都道府県ランキング!

「最も髪に自信がないポイント」


自分自身の髪に「自信がない」と回答した人に、どのような点で自信がないのか、「最も髪に自信がないポイント」を聞いたところ、特に回答率が高かったのは「ボリュームが無い(薄毛)」「白髪が多い」「髪質(くせ毛・縮毛)」でした。
 

回答率が高かった「髪に自信がないポイント」について、47都道府県別に結果をランキング化。

「ボリュームが無い」と回答した人の割合が高かった県

「ボリュームが無い(薄毛)」と回答した人の割合が高かった都道府県、1位は東京都(51.0%)。次いで島根県(48.3%)、静岡県(47.3%)でした。いずれも、5割近い人が回答しています。
 
「白髪が多い」と回答した人の割合が高かった県

「白髪が多い」部門1位は、高知県(34.8%)、次いで佐賀県、福島県が続きます。上位に入ったのは、四国・九州エリアの県が多いようです。
「髪質」と回答した人の割合が高かった県
「髪質(くせ毛・縮毛)」部門では、1位鳥取県(25.9%)。次いで、僅差で大分県(25.5%)が続き、どちらも4分の1の人が自信の持てないポイントに「髪質」を挙げていました。
 

新潟県民は「スタイリストの技術」重視で美容室を選ぶ?

美容室を選ぶ際の基準として、全国的に最も多かったのは「料金」(72.2%)。次いで「スタイリストの技術」(43.1%)、「アクセスの良さ」(40.5%)でした。
美容室選びは「料金」を重視

回答率の高かった3つの項目について、47都道府県別に結果を見てみると、「料金」を重視すると回答した人は、沖縄県が83.7%で最も高く、次いで大阪府(81.7%)。いずれも8割以上の人が、「料金」で美容室を選ぶと回答しています。
美容室選びは「スタイリストの技術」を重視

「スタイリストの技術」を重視すると回答した人が最も多かったのは、新潟県(53.8%)。
美容室選びは「アクセスの良さ」を重視

「アクセスの良さ」重視は、奈良県が52.9%で1位でした。


【関連記事】
「水道水を飲むことに抵抗がない」都道府県ランキング! 3位は 「鳥取県」、同率1位は東北地方の…?
胃が健康な都道府県は? 自粛期間中に太った都道府県は? 47都道府県、胃の健康度ランキング!
「ストレスが少ない都道府県」ランキング、男性1位は「青森県」! 2連覇達成の女性1位は?
献血率が高い都道府県ランキング! 3位「広島」2位「和歌山」1位は意外にも…


【関連リンク】
プレスリリース

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】