関東在住の今どき夫婦に聞いた「部屋探しで重視する条件」 3位「間取り」、2位「通勤・通学時間」、1位は?

「SUUMO」が発表した「夫婦の住まいと生活 じっくりレポート 2021」によると、関東在住の20〜30代夫婦が「部屋探しで重視する条件」は3位「間取り」、2位「通勤・通学時間」、1位は「家賃」でした。人気の賃料は8万円台、間取りは「2LDK」。

リクルートは不動産・住宅サイト「SUUMO」で、「住まいや暮らしに関するアンケート調査」を実施。「夫婦の住まいと生活 じっくりレポート 2021」として公開しました。
 

住まいや暮らしに関するさまざまなテーマについて聞いた本調査結果からは、関東地方1都6県に住む既婚男女の「賃貸生活のリアル」が垣間見れます。
 

今回は有効回収数412件の回答から「部屋探しで重視する条件」を紹介。20〜30代の今どき夫婦に人気の間取りにも注目です。

20〜30代夫婦(関東在住)が選ぶ「部屋探しで重視する条件」(複数回答可)
20〜30代夫婦(関東在住)が選ぶ「部屋探しで重視する条件」(複数回答可)

 

第1位:家賃

回答者に「部屋探しで重視する条件」を複数回答式で尋ねたところ、もっとも多かったのは「家賃」でした。全体で75%が重要と回答しています。生活費の大部分を占める家賃はやはり重要視され、そこから夫婦生活の細かなところを決めていくといった流れが想像できます。同調査内にある「賃料(管理費除外)」をみると8万円台がもっとも多く、次いで6万円台でした。
 

第2位:通勤・通学時間

2位は「通勤・通学時間」で全体の56.6%が回答。生活の基盤となる仕事や学業を考慮すると、優先度は高くなるようです。同調査内で「立地・周辺地域で重視したもの」を尋ねた結果をみても「駅の近さ」が1位、「学校・勤務先への通いやすさ」が3位となっています。
 

第3位:間取り

3位は「間取り」で全体の56.3%が回答しています。夫婦の共同生活から先々の出産などを考え、間取りで悩む人も多いようです。「どんな間取りに住んでいるか」を具体的に尋ねたところ「2LDK」が33.7%でトップ、次いで1LDKと続いており、リビングを重視する夫婦が多いことがわかりました。部屋数の多さよりも、ゆったりとした暮らしを重視しているようです。


【おすすめ記事】
関東在住20代が「住まいを探すときに重視する条件」 3位「最寄駅からの徒歩分数」、2位「通勤・通学時間」、1位は?
【国勢調査2020】東京都で人口が増えたのは? 3位「文京区」、2位「千代田区」、1位は…
埼玉県が大躍進! 2021年のSUUMO「住みたい街ランキング」1位は?
首都圏の「住みたい沿線」ランキング! 3位「東急東横線」、2位「JR京浜東北線」、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応