KFCから今夏も「レッドホットチキン」が登場! 相性のよいドリンクも同時発売

全国のケンタッキーフライドチキン(以下KFC)店舗で「レッドホットチキン」270円(税込)と、新作ドリンクの「トロピカルレモネード」270円(税込)が7月7日(水)から数量限定で販売されます。

全国のケンタッキーフライドチキン(以下KFC)店舗で、「レッドホットチキン」270円(税込)が、7月7日から数量限定で販売されます。さらに2021年は、レッドホットチキンとの相性を考え抜いて開発された新作ドリンク「トロピカルレモネード」270円(税込)も数量限定で同時発売されます。

 

「レッドホットチキン」が今年の夏も帰ってくる

2004年から販売している「レッドホットチキン」が今年も帰ってきます! レッドペッパーとホワイトペッパーにハバネロを効かせたキレのある辛さと、国内産チキンの旨みを味わえる辛口チキン。人気の秘密は、衣だけではなくチキン自体にもしっかり味付けをしていること。ひと口食べると、中からじわりとKFCでしか味わえない刺激的な辛さが湧き出します。
 
レッドホットチキン


レッドホットチキンを味わえるラインナップは、単品で発売される「レッドホットチキン」270円(税込)のほか、レッドホットチキン2ピースとポテト(S)、ドリンク(M)がセットになった「レッドホットチキンセット」830円(税込)、レッドホットチキン2ピースと骨なしケンタッキー、ポテト(S)、ドリンク(M)、ミニアップルパイがセットになった「レッドホットチキンボックス」1030円(税込)
 

そして、レッドホットチキン2ピースとオリジナルチキン2ピース、ポテト(S)がセットになった「食べくらべ4ピースパック」1180円(税込)、レッドホットチキン3ピースとオリジナルチキン3ピース、ポテト(S)2個がセットになった「食べくらべ6ピースパック」1680円(税込)になります。
 

さらに、発売記念キャンペーンも開催。第一弾は、7月7~13日の間にKFC公式Twitterアカウント(@KFC_jp)をフォローした上で、対象の投稿をリツイートした方全員に、レッドホットチキン2ピースが490円になるクーポン(通常価格540円)がプレゼントされます。また、抽選で10名にレッドホットチキン100ピース分のデジタルKFCカード(2万7000円分)がプレゼントされます。
 

第二弾は、7月29日~8月4日の間にKFC公式Twitterアカウント(@KFC_jp)をフォローした上で、対象の投稿をリツイートした方全員に、レッドホットチキン2ピースが490円になるクーポン(通常価格540円)がプレゼントされます。また、抽選で100名にデジタルKFCカード(3000円分)がプレゼントされます。

※7月27日追記:キャンペーン期間および内容が変更になりました。下記より最新の情報をご確認ください。
https://japan.kfc.co.jp/news_release/2615
 

レッドホットチキンとの相性◎な「トロピカルレモネード」が登場

初登場となる「トロピカルレモネード」270円(税込)は、KFCオリジナルのレモネードにグアバピューレ、マンゴー、ピーチ、白ブドウの果汁を合わせた、夏らしいトロピカルなフレーバーのドリンク。鮮やかなレッドの色味が印象的なレッドホットチキンとの相性は抜群です。炭酸を加えた「トロピカルレモネードソーダ」も販売されます。
 
トロピカルレモネード

トロピカルレモネードの発売を記念した、キャンペーンも開催されます。第一弾は7月7~9日の3日間、KFC公式アプリで先着6万名にトロピカルレモネード無料お試し券を配布。第二弾は、8月16~20日の間にKFC公式Twitterアカウント(@KFC_jp)をフォローした上で、対象の投稿をリツイートした方から抽選で6万名にトロピカルレモネード無料お試し券がプレゼントされます。

※7月21日追記:キャンペーン期間および無料お試し券引き換え期間が変更になりました。詳細は下記より最新の情報をご確認ください。
https://japan.kfc.co.jp/news_release/2611



【おすすめ記事】
モスバーガーがオリジナルのエコアイテムを店舗限定・数量限定で発売! 
サイゼリヤが夏のグランドメニューを改定! ハンバーグ、デザートも刷新で期待が高まる…!
とんかつ専門店「かつや」の全力応援祭が7月2日スタート! カツ丼、おろしかつ定食など人気の4品が150円引に
業務スーパー7月の特売! 人気の万能調味料「姜葱醤」や定番の「業務カレー」が激安価格に!


【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」