RJCリサーチは、「LINEリサーチ」 を活用して日本全国の13~59歳男女4410人を対象にカフェチェーンのブランド浸透度調査を実施。全国的なカフェのブランド認知度や、今後の利用意向について調査しました。その結果を紹介します。
 

カフェの認知度は4ブランドが9割以上を獲得



全国的なカフェのブランド認知度では、「マクドナルド」 「スターバックスコーヒー」 「ミスタードーナツ」 「コメダ珈琲店」 が9割以上の認知を獲得。今回の調査では、「マクドナルド」が94.1%で1位となりました。

また、過去の利用経験でも 「マクドナルド」 (92.9%) が最も高く、次いで 「ミスタードーナツ」 (89.1%) 、 「スターバックスコーヒー」 (84.8%) という結果に。

「マクドナルド」 と回答した人の意見を見ると、「ワンコインで頼めるメニューが多いので、気軽に利用できるし、お肉からパフェまで好きな食べ物が多いから。(男性19-22歳)」、「高校生の時に初めて美味しいと思えたのがマックのホットコーヒー。それ以降色んなカフェで珈琲を頼むようになった。それでも尚マックのコーヒーがコスパ・手軽さ・味の総合評価で1番好み。いつでも絶対に美味しい(女性23-29歳)」などの声が寄せられました。

「珈琲館」 「銀座ルノアール」 「プロント」 は首都圏で5割前後の認知度で、出店数が多いエリアでは半数近くの認知があるようです。
 

今後のカフェは感動や喜びの「体験価値」が求められる





今後の利用意向を調査したところ、「スターバックスコーヒー」が最も高く69.7%。次いで「マクドナルド」の66.5%でした。今後の利用は「スターバックスコーヒー」と「マクドナルド」 は60%以上、「ミスタードーナツ」と「コメダ珈琲店」は50%以上が意向を示しています。

今回の調査で、最も好きなブランドの理由をみると、商品の品質・ラインナップ以上に、過去にそのお店で体験したサービス、経験したエピソードが多く記載されており、モノからコトをより重視する傾向が読み取れました。

各ブランドのファン層を増やすにあたり、感動や喜びといった体験価値をいかに高めていくかが、今後ますます重要になってくると考えられます。

【おすすめ記事】
都道府県別スタバ店舗数ランキング2021! 鳥取・島根には4店舗、次いでスタバが少ない県は……?
スタバ話題の”地元”フラペチーノ広島版を実食! 超フルーティー! 瀬戸内レモンなのに赤色の理由は?
マクドナルドで1番好きなハンバーガーランキング! 3位は「ダブルチーズ」 2位は「てりやき」、1位は?
ミスドから窯焼きピッツァ『MISDO PIZZA』が新発売! 1枚1枚お店で手作りのこだわり!

【関連リンク】
プレスリリース