2022年卒の就活生、約6割が選考社数「10社以下」。新型コロナの影響予測に反し丁寧に絞り込む傾向に

あさがくナビが実施した「就職活動に関する調査」によると、2020年卒の就活生は選考参加社数を絞り込み、慎重かつ丁寧な就活を行う傾向に。プレエントリー社数は21社以上が全体の半数。

学情は、同社が運営する「あさがくナビ」で「就職活動に関するアンケート調査」を実施。2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に行なった本調査では、コロナ禍におけるZ世代の就活動向の実態が明らかとなりました。
 

今回はプレエントリーと選考参加社数に関する調査結果を中心に紹介します。調査期間は6月4〜18日。有効回答数981件。
 

就活生のプレエントリー社数21社以上が全体の半数以上

現在までのプレエントリー社数を尋ねたところ、もっとも多いボリューム帯は11〜30社で全体の約40%(11〜20社 18.5%、21〜30社 19.9%)。51社以上も15.9%と多く、「21社以上」でみると全体の約53%の学生がプレエントリーしています。
 
2022年卒の就活生のプレエントリー社数
2022年卒の就活生のプレエントリー社数

選考参加社数は絞り込む傾向に

一方、選考参加社数についてみてみると、約6割の学生は「10社以下」と回答しています。もっとも多かったのは「11〜20社」で24%ですが、10社以下の割合はいずれも高く、選考に参加する企業を絞り込む傾向があるとわかりました。
選考参加社数は10社以下が6割
選考参加社数は10社以下が6割


内々定を獲得した学生のうち約2割が、特に入社を希望する企業と「6回以上」接点を持ち、4回以上を加えると6割に上ります。しっかりとプレエントリーを実施し、志望度の高い企業とは多くの接点を持つことで理解を深めたいといった姿勢がうかがえます。
 

学情の営業部門担当執行役員、歌津智義氏はコメントで「新型コロナの影響で就職環境が厳しくなり、プレエントリーや選考参加社数は例年より増えると想定されていた。しかし実際には、希望する就職先をしっかりとリサーチし、丁寧に就職活動に取り組んでいる様子がうかがえる。企業側も学生の思いを汲み取り、コミュニケーションを図る機会を増やす努力が必要となる」と述べています。


【おすすめ記事】
就職企業人気ランキングが激変! 39年ぶりに文系1位になった企業とは
関東甲信越地方の「新卒就職企業」人気ランキング! 2位「イオングループ」を抑えた1位は?【2022年卒】
女性が選ぶ「転職してみたい企業」ランキング! 2位は「トヨタ自動車」、1位は?
東大生が就職したい企業ランキング発表! 1位は京大生と同じ? 早慶・MARCHとの違いも明らかに


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」