2022年卒の就活生、約6割が選考社数「10社以下」。新型コロナの影響予測に反し丁寧に絞り込む傾向に

あさがくナビが実施した「就職活動に関する調査」によると、2020年卒の就活生は選考参加社数を絞り込み、慎重かつ丁寧な就活を行う傾向に。プレエントリー社数は21社以上が全体の半数。

就活生のプレエントリー社数21社以上が全体の半数以上

2022年卒の就活生のプレエントリー社数
2022年卒の就活生のプレエントリー社数

選考参加社数は絞り込む傾向に

選考参加社数は10社以下が6割
選考参加社数は10社以下が6割


>記事に戻る

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】