freeeがロゴを刷新、創業10年「スモールビジネスの誰もが自由に経営できるプラットフォーム」へ

クラウド会計ソフトで知られるfreeeは、創業10年を迎えるタイミングで、ビジョンおよびブランドロゴを刷新した。佐々木大輔CEOが6月22日に行われた戦略説明会の中で発表した。

クラウド会計ソフトで知られるfreeeは、創業10年を迎えるタイミングで、ビジョンおよびブランドロゴを刷新した。佐々木大輔CEOが6月22日に行われた戦略説明会の中で発表した。
 

freeeの佐々木CEO。トレードマークのツバメロゴは、「解放」「自然体」「ちょっとした楽しさ」を感じてもらえるよう、より曲線がかった柔らかい印象になった

新ビジョンは「だれもが自由に経営できる統合型経営プラットフォーム。」。全国630万のスモールビジネス(中小企業)に向けて、会計や勤怠などあらゆる業務システムが連携する「統合型」のプラットフォームを提供することで、事業主が面倒くさいバックオフィス業務から開放され、自分のビジネスに自信を持って継続できる環境を提供する。
 

これまで提供してきたクラウド会計ソフトや請求書管理などのプロダクト開発・提供にとどまらず、年内には新レーベル「freee出版」によるスモールビジネスの魅力を伝える出版物の発売や、スモールビジネスにまつわる課題の研究と情報発信を行う「スモールビジネス研究所」の設立も予定している。
 

>新旧ロゴの比較はコチラ
 

創業10年目の確信

佐々木CEOは戦略説明会の中で「スモールビジネスを、世界の主役に。」という創業時に想いを振り返りながら、「この10年で価値ある商品やサービスを誰もが安く早く手に入れられるようになった。消費者は余暇が増え、クラフトビールや高級食パンのような新たな価値観を生み出すスモールビジネスへのニーズは拡大していると確信している」と説明。
 

freeeの有料課金事業所数は2021年3月時点で28万社を超え、今後さらに多くのスモールビジネスを支援するため、誰もが自由に経営できる「統合型経営プラットフォーム」を提供していくという。
 

3つの柱で構成される「統合型経営プラットフォーム」


freeeの「統合型経営プラットフォーム」は、主に3つの柱で構成されている。

1つは、あらゆる業務をつなげ、自動化および可視化をする「統合型のクラウドERP(Enterprise Resource Planning)」。大企業が導入しているようなシステムを、スモールビジネスでもより簡単に直感的に利用できるよう、スモールビジネス向けにあらゆる業務を管理・連携しやすくしたもの。
 

6月22日には、新たな取り組みとして法人カード「freeeカード Unlimited」β版をリリース、申込受付を開始した。最大3000万円(※)の高額限度額を実現し、最速1~3日以内にWeb明細に反映され、将来的には経費精算やワークフローと連携して従業員ごとに利用管理ができるカードとなっている。※リリース時点、今後変動する可能性あり
 

「freeeカード Unlimited」β版

2つ目の柱は、多用なビジネスニーズに答えるオープンプラットフォームであること。freeeと連携するオープンAPIを提供することで、さまざまな業務ニーズに対応するとともに、100以上の連携アプリが掲載されているアプリストアを用意。2021年秋には、アプリストアで簡単に決済(サブスク課金)ができる機能を搭載予定としている。
 

3つ目は、ユーザーネットワークの活用。freeeは2021年3月時点で28万社以上が利用しており、そのユーザー同士の取引を活性化する「freeeスマート受発注」を2020年にリリースしている。これまでアナログで行っていた受発注業務をクラウド上で行うことで、発注業務を3分の1にすることに成功しているという。
 

freeeではこのほか、M&Aの活用や資金調達も進めている。クラウド会計ソフトからスタートし、スモールビジネスが本業に専念できる環境を提供することで、同社のミッションである「スモールビジネスを世界の主役に。」の実現に向けて加速していく。


【おすすめ記事】
「隠れ優良ホワイト企業」ランキングTOP3! 3位「freee」、2位「日置電機」、1位は?
20代のクレジットカードの使い方を調査! 月々の給料1位は「20~30万円未満」、毎月の利用額は?
新・愛の聖地? 封鎖された高田馬場駅前ロータリーで話題の南京錠、入手先や行方を調査してみた
経営者に聞く、大学院卒生社員に感じる「強みやポテンシャル」! 2位は「データ分析力」、1位は…?


【関連リンク】
freee

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」