シン・エヴァ「薄い本」効果で興収100億に迫る! 新映像『現在のエヴァンゲリオン』も公開

興収100億円に迫る『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、「シンエヴァの薄い本」とも呼ばれる新たな入場者プレゼント『EVA-EXTRA-EXTRA』を配布。さらに新映像『現在のエヴァンゲリオン』もYouTubeで公開されて話題になっています。

「シンエヴァの薄い本」を配布!「Q」の前日譚を描いた漫画も収録

入場者プレゼント『EVA-EXTRA-EXTRA』左:表紙/右:漫画「EVANGELION:3.0(-120min.)」

 

「シンエヴァの薄い本」と呼ばれて話題に(画像は公式Twitterより)

 

最後にもう一度観たくなる! 新映像『現在のエヴァンゲリオン』も公開

新映像『現在のエヴァンゲリオン』(画像は公式YouTubeより)

 

本編の印象的な場面で構成されている(画像は公式YouTubeより)



>記事に戻る


【おすすめ記事】
【読んでおきたい16000字】さよならエヴァンゲリオン。かつて「シンジ君」だった僕たちの25年目の卒業
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の碇シンジがもし実在したら、どんな人生だった?
ヱヴァらしく宇多田らしい…ヱヴァ劇場版の歴代主題歌たちを振り返る
4月に動画配信で視聴された作品ランキング! 2位『新世紀エヴァンゲリオン』、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」