ティーンが選ぶ「2021年上半期に流行った『言葉』」ランキング! 2位は「勝たんしか〇〇」、1位は?

天才的な才能で、新しい言葉を次々に生み出していくティーン。今はどんな言葉が生まれ、流行っているのでしょうか?

ティーンは「ぴえん」「きゅんです」「ぴっぴ」など一度聞いたら忘れられないような、それでいて使い勝手の良いような新しい言葉を次々に生み出しています。時には流行語大賞の上位にも選出されるほどの流行力を持っており、その才能に大人たちは脱帽しています。マイナビティーンズラボは、全国の13〜19歳女性778人を対象に「2021年上半期に流行った言葉」についてアンケート調査を実施しました。
 

ランキング第2位は「勝たんしか〇〇」、第1位は……? 

「2021年上半期に流行った言葉」ランキングTOP3
ティーン女性が回答する「2021年上半期に流行った言葉」ランキングのトップに輝いたのは、「はにゃ? 」でした。ものまねタレントである丸山礼が、自身のYouTube企画内で演じているJK美術部部長「井上千晶」が、とぼける時や何か疑問を持った際によく口にする言葉。可愛げのある仕草や語感が、人気の理由の一つです。

第2位の「勝たんしか〇〇」は、以前流行した「〇〇しか勝たん」(〇〇が最高・の意)のアレンジバージョン。◯◯の中には自分の好きなアイドルやタレント、俳優、食べ物などなんでも入れられる汎用性が高い言葉です。

そして第3位の「おはようでやんす」は、人気YouTuber「ウチら3姉妹」のメンバー「とうあ」が自身のTikTok配信の中で連呼した言葉です。友達に会った時の挨拶でこの言葉を使ったり、TikTokやTwitterなどのSNS上のハッシュタグとして使用され、拡散されています。さらに、TikTokを中心に「おはようでやんすゲーム」というリズムゲームが派生誕生したこともあって、ティーンの間で話題となりました。
 

ランキングTOP10には、あの人気漫画の言葉も! 

SNSやYouTubeから誕生した言葉が数多くランクインする中で、4位と8位にランクインした「領域展開」「〇〇の呼吸」は、人気漫画「呪術廻戦」「鬼滅の刃」で登場する言葉です。

「呪術廻戦」「鬼滅の刃」は共にアニメシリーズから爆発的な人気を得て、特に「鬼滅の刃」は長年変動しなかった映画興行収入ランキングの1位に上り詰めるなど、社会現象にもなっています。
どちらも技の名前であることから、友達同士でじゃれ合う時などに使うのかも知れませんね。

【おすすめ記事】
ティーンが選ぶ「2021年上半期に流行ったこと」ランキング! 2位は「呪術廻戦」、1位は?
「はにゃ?」「もみあげ手裏剣」など…… 「2021年上半期インスタ流行語大賞」
「爆買い」「忖度」「倍返し」…どれくらい使ってる?平成30年間の流行語大賞
高校生が選ぶ、これから流行りそうな「食べもの」「飲みもの」! 1位は萌え断の……?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在