テアトルアカデミーは「第7回モデルグランプリ」の実施に伴い、全国40~50代の女性500人を対象に「今の日常を退屈に感じることがあるか」「人生で一番好きなドラマ」などを調査。結果を公開しました。
 

半数以上が「今の日常を退屈に感じることがある」

40~50代の女性に対して「今の日常を退屈に感じることがあるか」を調査した結果、「頻繁に感じる(12.0%)」「たまに感じる(41.6%)」を合わせた半数以上が日常を退屈に感じていることが判明しました。コロナ禍で外出もままならない今のご時世ではそのように感じてしまうのも無理はないかもしれないですね。
 

ドラマを観る頻度についても調査。それによると、5人に1人以上の人は毎日ドラマを観ていることが分かりました。さらには、7割以上がドラマを週1回以上視聴しているという結果に。では、40~50代女性の「人生で一番好きなドラマ」はどの作品なのでしょうか。TOP3をご紹介します。
 

第3位:『やまとなでしこ』

『やまとなでしこ』(画像はAmazonより)


第3位は同率で、2000年にフジテレビ系列で放送された『やまとなでしこ』がランクイン。美人客室乗務員と、魚屋の貧乏な男性の恋愛を描いた本作。当時、客室乗務員を演じた松嶋菜々子さんに憧れる女性が続出しました。
 

「美人でも質素な生活をしているというギャップ」や「全部好き」などの意見があり、ストーリーやキャラクターなどに魅力を感じた人が多いようです。
 

第3位:『北の国から』

『北の国から』(画像はAmazonより)


同率3位となったのは『北の国から』。本作は、1981年から2002年まで続いたフジテレビ系列で放送された大ヒットドラマシリーズ。北海道の大自然を舞台に、家族の生きる姿を映し出します。
 

「映像にもセリフにも大切なことがたくさん詰まっている」など、ドラマの奥深いストーリーを評価する意見や「北海道の自然に憧れる」などの意見が見受けられました。
 

第2位:『相棒』シリーズ

『相棒』シリーズ(画像はAmazonより)


2位には、2000年からテレビ朝日系列で放送されている『相棒』シリーズがランクイン。本作は、水谷豊さん演じる杉下右京が様々な難事件を解決していく大人気刑事ドラマです。
 

「推理やサスペンス、コメディ要素まで、すべてが揃っていると思う」という意見や「脳を動かせるから」など、本作を観ながら推理も楽しめるといった意見もありました。
 

第1位:『東京ラブストーリー』

『東京ラブストーリー』(画像はAmazonより)


第1位は、1991年にフジテレビ系列で放送された『東京ラブストーリー』。本作は4人の男女の関係が複雑に絡み合うラブストーリーで、鈴木保奈美さんや織田裕二さん、江口洋介さんなどの人気俳優が出演したことで当時大きな話題にもなりました。
 

「きゅんきゅんした」や「主人公の二人が良かった」などドラマの魅力を語る意見や、「昔のトレンディードラマが好きだから」「東京や一人暮らしに憧れた」など当時を思い出し懐かしい気持ちになれるといった意見も見受けられました。
 


>TOP5の結果を見る



【おすすめ記事】
40~50代の女性が好きな映画ランキング! 2位『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、1位は?
新垣結衣が可愛いドラマランキング! 1位はやはり…?
印象に残っている国内ドラマの名カップルランキング!『逃げ恥』に続く2位はあの名作のカップル
今までのTBS「日曜劇場」の人気ランキング!『半沢直樹』は何位?


【関連リンク】
プレスリリース(PR TIMES)