あの一発屋芸人「ですよ。」が1位!『イチナナ-1グランプリ』 芸人100人の熱きバトルが決着

ライブ配信アプリ「17LIVE(イチナナ)」は2020年12月11日〜2021年5月31日の期間、『イチナナ-1グランプリ』と題したイベントを実施しました。約半年間に及んだプロジェクトで総合グランプリを受賞したのは、一発屋芸人でお馴染みの「ですよ。」さんでした!

ライブ配信アプリ「17LIVE(イチナナ)」は2020年12月11日〜2021年5月31日の期間、『イチナナ-1グランプリ』と題したイベントを実施しました。約半年間に及んだプロジェクトで総合グランプリを受賞したのは、「あ~い とぅいまて~ん」のギャグで一世を風靡した一発屋芸人の「ですよ。」さんでした!
 

よしもと芸人が半年間繰り広げた配信バトル

イチナナ-1グランプリは約半年間にも及んだ芸人たちによる熱きバトル
イチナナ-1グランプリは約半年間にも及んだ芸人たちによる熱きバトル

 
同イベントは、若手100名超のよしもと芸人たちが1時間以上の個人配信を毎週3回以上行い、月毎にフォロワー数やギフト数などに応じて順位を決めていくプロジェクトです。


ネタ動画、歌動画、パフォーマンス動画を見られた回数で競う『ショートムービー再生数グランプリ』など、毎月設定されたテーマの中で参加芸人が競い合い、グランプリ開催から半年間、熾烈なライブ配信バトルが繰り広げられました。

また、開催期間中の特番では、大人気のかまいたち、チョコレートプラネット、ジャングルポケット、パンサー、ミキ、3時のヒロインの6組が出演しプロジェクトを盛り上げました。
 

2位と大差での優勝「感謝してますyo!」

ラップと謝罪ギャグで一世を風靡した「ですよ。」
ラップと謝罪ギャグで一世を風靡した「ですよ。」
 
視聴者から贈られた総BC(ベイビーコイン)数でトップとなり見事総合グランプリに輝いたのは、「ですよ。」さん。2位になられたオペラ芸人「ミッチェル」さんの11,795,539BCに対し、53,027,709BCと大きく差をつけての優勝でした。

「ですよ。」さんは、今回のグランプリ受賞にあたり、以下のようにコメントしています。

「今までの人生の中で何をやっても1位になった事がなかったので凄く嬉しいですyo!僕の枠に来てくれた皆さんのおかげですyo!感謝してますyo!ありがとうございました!これからも17LIVEを続けて行くのでよろしくお願いしますyo!よしもとイチナナ-1グランプリ、優勝しちゃって…あ〜〜〜〜〜い、とぅいまてー〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!!!」

そしてなんと、上位5位に入賞した芸人さんには、人気バラエティ番組への出演権が贈られるそうです!

「ですよ。」さんのテレビでの活躍も、とても楽しみです。
 
【おすすめ記事】
謹慎タレントはなぜ介護に手を出すのか?ゆがんだ日本の大衆心理
印象に残っている国内ドラマの名カップルランキング!『逃げ恥』に続く2位はあの名作のカップル
マンガ好き2670人が選んだ「本当に面白いマンガ」ランキング!『鬼滅の刃』を抑えた1位とは
「“オオサカ人”は大阪市にしかいない」って本当? 大阪府内の地域差を関西人ライターが徹底解説!
「生き方の参考」は父親よりもインフルエンサー!? Z世代の職業・将来観の調査結果が新時代すぎる!
 
【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    「彼氏と結婚したい!」25歳女性、「結婚なんかしなくていい」と言う気難しい父親の悩み相談

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ