シャトレーゼの冷凍ピザ(筆者撮影)


ケーキやアイスクリーム、焼き菓子などが揃っているシャトレーゼ。デザート屋さんという印象があるかもしれませんが、実はそれだけではないのです。冷凍のピザが販売されていて、コスパも良く、商品によっては非常にヘルシーだったりもします。
 

生地に切り込みが入っていたりと、ちょっとした気配りが嬉しいシャトレーゼの冷凍ピザ。さっそく食べてみます!

冷凍ピザ3種を実食

今回は、3種類のピザを食べてみました。


1. オーブンでそのまま焼けるピザ マルゲリータ

オーブンでそのまま焼けるピザ マルゲリータ(筆者撮影)

2. オーブンでその焼けるピザ サラミ
 
オーブンでその焼けるピザ サラミ(筆者撮影)

3. 糖質86%カットのピザ マルゲリータ
 
糖質86%カットのピザ マルゲリータ(筆者撮影)


いずれも冷凍で販売されていますが、焼く前に解凍する必要はありません。
 

長辺は約23cm(筆者撮影)

形は長方形で、長い部分は約23cm程度あります。
 
具材もたっぷり(筆者撮影)


それぞれ、具材がたっぷり乗っています。左から、オーブンでそのまま焼けるピザ サラミ、マルゲリータ、そして糖質86%カットのピザです。
 

切り込みが大活躍

切り込みがあるから簡単に切れる(筆者撮影)


切り込みが入っているので、焼く前に簡単に取り分けることができます。人数に合わせて大きさを簡単に変えられるのは、ありがたいですよね。もちろん焼いた後でも、その切り込みからきれいに取り分けることができます。
 

糖質86%カットが気になる

糖質86%カットに注目したい(筆者撮影)


シャトレーゼには、糖質をカットするなどヘルシーさや健康を考えた商品もたくさんあります。糖質86%カットのピザマルゲリータもそうで、小麦粉の代わりに食物繊維を利用することで、1枚あたり糖質を4.0g(エリスリトールを除く)に抑えています。
 

オーブンでそのまま焼けるピザマルゲリータ(100g換算)と比較して、糖質を86%カットすることに成功したそうです。
 

生地はもちもち

オーブンでそのまま焼けるピザ サラミ(筆者撮影)
 
オーブンでそのまま焼けるピザ マルゲリータ(筆者撮影)


今回はそれぞれのピザを取り分けて、全種類を食べてみることにします。オーブンで焼いているときには、チーズの良い香りがしてきました。
 

食べてみると、オーブンでそのまま焼けるピザは生地がモチモチしていて食べ応えも抜群。トマトソースやチーズの味も、しっかりとしています。
 

糖質がカットされても美味しい

糖質86%カットピザ(筆者撮影)


糖質86%カットのピザマルゲリータに関しては、上記の2つのピザよりも生地のモチモチ感は減るような気がしました。小麦粉が使われていないことも関係しているのでしょう。とは言え食感が悪いわけではなく、味が落ちることもありません。違和感なく食べることができました。
 

むしろ糖質が抑えられているので、「食べてしまった……」という罪悪感がなく安心して食べられると言ってもいいかもしれませんね。特にダイエット中の人や、糖質を気にしている方にはおすすめのピザです。
 

オーブンでそのまま焼けるピザは2つとも205円(税込)、糖質86%カットピザは367円(税込)です。後者に関しては、糖質をカットするための工夫がされているため値段が高いのは納得ができますよね。前者の2つに関しては、非常にコスパが良いと思いました。味も食感も良いですし、切り込みが入っているのもうれしいです。
 

シャトレーゼはスイーツというイメージがあるかもしれませんが、このような食品にも力を入れているので、気になる方は試してみてくださいね。



【おすすめ記事】
シャトレーゼで買える「YATSUDOKI」の焼き立てスイーツ。アップルパイともちパイを実食!
シャトレーゼ「樽出し生ワインのジェラート」は大人の味で家飲みのデザートにも最適!
ちょっと敷居が高い成城石井。まずは試してみたいコスパ重視の3食品
レモンの上品なすっぱさが最高! シャトレーゼの瀬戸内レモンでゴリ押ししたい5つのスイーツ