SNSをざわつかせている「レトロプリン」 子どもの頃にお母さんが作ってくれたプリンの味にそっくり!

最近、SNSで話題になっているプリンがあります。その名も「喫茶店のレトロプリン」。黄色いパッケージに入っているプリンで、「昔ながらの固めのプリンです」と書かれています。本当に硬いのか、レトルトプリンの「レトロ」どんな味なのかなど、気になることが満載ですよね。さっそく、調査をしてみましょう。実食です!

喫茶店のレトロプリン(筆者撮影)


最近、SNSで話題になっているプリンがあります。その名も「喫茶店のレトロプリン」。黄色いパッケージに入っているプリンで、「昔ながらの固めのプリンです」と書かれています。本当に硬いのか、レトルトプリンのレトロはどんな味なのかなど、気になることが満載ですよね。さっそく、調査をしてみましょう。実食です!

蓋を開けてみると……

蓋を開けてみると(筆者撮影)


喫茶店のレトロプリンを作っているのは、栄屋乳業という会社です。他にも、シュークリームやショコラケーキなども手掛けています。蓋の部分を見ると、香料や着色料、保存料は不使用とのこと。蓋を開けると、なんとなくざらついたような表面が見えました。
 

最近のプリンはつるんとしていることが多く、ざらついた表面のプリンはあまり見かけることがありませんよね。この時点で、なんとなくレトロ感が出ているような気がしてきます。
 

モチっとした弾力がある

弾力がある(筆者撮影)


表面を、スプーンで軽く押してみました。そうすると、モチっとしたような弾力を感じます。ぷるるんという、プリン特有の柔らかさではない予感が……。
 

ん? これはお母さんが作るプリンの味!

なんとなくプリンの表面が粗いけれど(筆者撮影)


実際に食べてみて最初に思ったのは、「これはお母さんが作るプリンの味」ということでした。筆者が子どもの頃に母親がよく作ってくれた、まさに家庭で作るプリンの味だったのです。卵本来の味がするといいますか、本当に素朴な味です。子どもの頃を思い出してしまう、なんとも懐かしい味と言ってもいいかもしれません。
 

確かに固めのプリン。でもこの食感は好印象

カラメルもしっかり(筆者撮影)


昔ながらの固めのプリンということで、固さにも注目ですよね、最近よく食べる柔らかくてまろやかなプリンとは違い、弾力を感じます。でもすごく固いわけではなく、「ほどよく口の中に残ってくれる硬さ」が最もしっくりくる表現かもしれません。
 

スイーツの表現でよくある「口の中でとろけるような食感」とは、ちょっと違いました。決して嫌な感じの弾力ではなく、筆者にとっては逆に好印象の硬さでした。
 

喫茶店のレトロプリンは、ファミリーマート、ローソン、ミニストップで購入できます。筆者は。ファミリーマートで162円で購入しました。SNSのでも話題になっている喫茶店のレトロプリン、お店で見つけたらぜひ買ってみてくださいね。



【おすすめ記事】
SNSでも話題! カルディで品切れ続く「マリトッツォ」 その味は?
シャトレーゼで買える「YATSUDOKI」の焼き立てスイーツ。アップルパイともちパイを実食!
話題の「マリトッツォ」がヤマザキから発売! ホイップふわふわで、リピ買い確定!
SNSでも話題!カルディのコーヒーゼリーは大容量でも一瞬で食べちゃう美味しさ

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」