人生の3分の1の時間を占めているとも言われる労働時間。限られた時間を有意義に過ごすためにも、楽しいと思える仕事につきたいと思っている人はそう少なくないはず。ビズヒッツは就業経験のある全国の男女500人を対象に、やってみて面白かった・楽しかった仕事についてインターネットによるアンケートを行いました。
 

楽しい仕事ランキング1位は「販売職」

楽しい仕事TOP3

「これまで経験した中で最も楽しかった仕事」の第1位に輝いたのは、「販売職(アパレル・物販・食品など)」でした。この理由については「自分がコーディネートしたものをそのまま買ってもらえたり、私目当てでお店に来てくれる顧客様と会話をしているときは、私にしかできない仕事をしているとやりがいを感じる(20代 アパレル販売)」「実績が目に見えて分かる。チーム全体で売り上げが達成できるとインセンティブがあり団結力も高まり、クレーム対応などの嫌な仕事も助け合って乗り切れた(40代 女性 パソコン販売)」などが挙がりました。お客さんの反応や感謝の言葉をダイレクトに受けられることが、販売職を楽しいと感じる大きな理由となっているようです。
 

「職場の人間関係」が仕事の楽しさに大きく影響

楽しい仕事の条件TOP3

楽しい仕事の条件を知るために、どのような仕事を楽しいと感じるかについて調べたところ、1位は「人間関係が良い」でした。仕事が大変でも、ほぼ毎日顔を合わせる仕事場の上司や同僚との関係が良好で、社内の雰囲気が良ければ仕事を楽しいと感じられる人が大多数のようです。

続く2位と3位は「やりがいや達成感がある」、「感謝のお礼の言葉を言われる」でした。
 

楽しい仕事の条件女性1位は「人間関係」、男性1位は「役にたっているという実感」

全体ランキングでは「人間関係」が1位でしたが、男女別回答はどうなっているのでしょうか。

女性 楽しい仕事の条件

女性1位は87人が回答した「人間関係が良い」。このほか、3位「人と関われる」、4位「人の笑顔が見られる」などがランクインしていることから、女性にとっての仕事の楽しさは、人との関わり方に大きく左右されることが分かりました。

男性 楽しい仕事の条件

対して男性では「人や社会の役にたっていると実感できる」が1位に。2位の「感謝やお礼の言葉を言われる」と僅差でした。どちらも自分の存在意義を感じられることに関係しており、男性の特徴なのかもしれません。

【おすすめ記事】
約500人に聞いた「ストレスの少ない仕事ランキング」! 2位は「事務職」、1位は?
「職場のストレス」TOP10! 2位「給料が見合わない」、1位は?
ニート・無職になった理由ランキング 2位は「心身の不調」、1位は? 
転職活動で「しんどかったこと」1位は? 経験者500人のランキング

【関連リンク】
Biz Hits