100均のインナーって実際どう? ダイソーの吸水速乾やコットン、美尻インナーを使ってみた

最近は100円ショップでもインナーを取り扱うようになり、お手頃価格で購入できます。ダイソーからも、梅雨時期や夏場に活躍しそうなインナーが発売されています。実際に使ってみて、生地の感じや着心地などをリポートします!

ダイソーで買える330円のインナー(筆者撮影)

1年を通して利用するインナー。メーカーによって値段が大きく異なり、高いものだと数千円もすることがありますよね。一方で最近では100円ショップでもインナーを取り扱うようになり、お手頃価格で購入できます。

100円ショップ大手のダイソーからも、梅雨時期や夏場に活躍しそうなインナーが発売されていました。実際に使ってみて分かった着心地などをリポートします!
 

吸水速乾インナー

吸水速乾インナー(筆者撮影)

吸水速乾インナーは、汗をかいた時でも比較的さらっとした着心地。じめじめした梅雨時や、気温が高い夏場によく活用されます。ダイソーの速乾インナーも同様で、洗濯した後で乾きが早く、特に洗濯物が乾きにくい梅雨時期には非常に助かるインナーです。

透け感はない(筆者撮影)

生地は、ツルツルしたような触り心地です。実際に着てみると、さらっとしていて、じめじめした梅雨時期に着ても蒸れる感覚はありませんでした。透け感もありません。カラーは、ベージュのような色を選びました。サイズはMで、身長160cm、標準体型の筆者が着るとお尻が半分隠れるくらいの丈です。座ったときに、背中が出てしまうこともありません。


肩紐のところにアジャスターがないので、長さの調節ができません。そのため人によっては肩紐がずれ落ちてしまうことがあると思いました。値段は、330円(税込)です。
 

コットンインナー

コットンインナー(筆者撮影)

コットン100%の生地なので、吸水速乾インナーに比べると生地が少し厚手です。そのため天気が悪いと乾きにくいという弱点はありますが、実際に着たときの肌に当たる感覚は、綿特有の柔らかさがあります。

V時にはなっていない(筆者撮影)

胸元が大きくV字に開いているわけではないので、着る洋服によってはキャミソールが見えてしまうこともありそうです。

肩紐の調節ができない(筆者撮影)

肩紐にアジャスターがないので、人によっては肩紐がずれてしまうかもしれません。

コットンインナーも丈は比較的長く、立っているときにはお尻の半分が隠れるほどの長さがあります。座っても、背中が見えるようなことはありませんでした。値段は、330円(税込)です。
 

美尻パンツ

美尻パンツ(筆者撮影)

体型によっても感じ方が違うと思うのですが、お尻部分は、それほど窮屈な感じはなく、ほどよくフィットする印象でした。体型を補正するようなインナーもありますが、そこまでお尻をぎゅっと上に持ち上げる感じはありませんでした。お尻部分に丸みがあるので、きれいにフィットする印象です。

お腹の部分がしっかり隠れる(筆者撮影)

ウェストの部分は長さがあるので、お腹がすっぽり隠れます。しばらく履いていると、お尻やお腹周りがポカポカしてきました。真冬ではなく比較的気温が高い時季なのも関係しますが、冷房の冷えからも守るような作用があるのかもしれません。梅雨時期は少し冷えることがあるので、そうした時にでも活躍しそうです。


ダイソーで買えるインナーは、速乾性があり、心地よい肌触り、そしてお尻を綺麗に見せてくれるなどの作用が期待できそうです。値段も330円と、一般的なインナーよりもかなりお手頃価格。例えば美尻パンツの場合には、これまで筆者は1500円程度のものを使っていました。それと比べると、かなりのコストダウンになります。家計を守ると言う意味でも、ダイソーのインナーは大活躍しそうな予感です。



【おすすめ記事】

ダイソーやセリアなど人気の100円ショップ。使い分けのポイントは?

オンライン会議前のメイク直しに最適! ダイソーの100円アイテム4選

ペットボトルや食品トレーの「ごちゃ混ぜ」を解消! ダイソーの仕切り付きダストバッグが優秀

梅雨シーズンの湿気対策に! ダイソーで買えるコスパ優秀除湿アイテム5つ


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」