タリーズ新作はフルーティーなマンゴーとクリーミーなエスプレッソ。どちらを選ぶ?

タリーズコーヒーから、夏の新作ドリンクが発売されました。「ごろっとマンゴーヨーグルトスワークル」と「エスプレッソシェイク」です。見た目もおいしい2つのドリンクを求めて、さっそくタリーズに行ってきました!

タリーズの新作(記者撮影)

タリーズコーヒーから、夏の新作ドリンクが発売されました。「ごろっとマンゴーヨーグルトスワークル」(税別620円)と「エスプレッソシェイク」(税別530円~)です。見た目もおいしい2つのドリンクを求めて、さっそくタリーズに行ってきました!
 

ごろっとマンゴーヨーグルトスワークル

マンゴーがゴロゴロ入っている(筆者撮影)


マンゴーの黄色が、とても鮮やかなスワークル。トッピングされたマンゴーのゴロゴロ感が強烈で、「これは贅沢だな」と思いました。

ストローを使って飲んでみると、スワークル特有のシャリシャリ感がある細かい氷が口の中に入ってきます。マンゴーの味は実はそれほど強くなく、ヨーグルトの風味がどことなくしてきます。

これは、食べるタイプのチチヤスヨーグルト1個を使っているからでしょう。マンゴーだけではなくヨーグルトを使うことによって酸味があり、ドリンクのコクにもつながっているのだと感じます。
 

マンゴーの味がしっかり

ブロック状にカットされたマンゴー(筆者撮影)


トッピングされているマンゴーは、果肉が非常に柔らかく、口の中に入れるととろけてしまいそうなほどです。マンゴーをそのまま食べているような味の濃さ。マンゴーはそれほど安い果物でもないので、これだけたくさん使われているのは驚きでした。ごろっとマンゴーヨーグルトスワークルは、トールサイズのみの税別620円です。
 

コーヒーが苦手な人でも飲める「エスプレッソシェイク」

クリーミーなエスプレッソシェイク(筆者撮影)

もう一つ発売になったのが「エスプレッソシェイク」です。タリーズ本来のコーヒーに、甘味とまろやかさが加わっています。普段コーヒーを飲まない人でも、全く抵抗なく飲めるほどの口当たりの良さ。

ストローで飲んでみると、すーっと口の中に入ってくるきて美味しさが広がります。氷のシャリシャリ感はありません。お値段はショートサイズで税別530円、トールサイズで税別580円です。

タリーズからはコーヒーベースの「エスプレッソシェイク」、そしてマンゴーベースのフルーティーな「ごろっとマンゴーヨーグルトスワークル」が発売されました。全く違うタイプの2つのドリンク。みなさんは、どちらを選びますか?



【おすすめ記事】

ファミマの「リッチフラッペストロベリー」が復活! いちごのたっぷり果肉を味わって!

コメダ珈琲の食べるコーヒーゼリードリンク「ジェリコ」は、3回楽しめる新感覚デザートだった!

タリーズ「エスプレッソシェイク」がレギュラーメニューで復活!

タリーズの家庭向け水出しアイスコーヒーが今年も登場!

タリーズ「トムとジェリーのラテ」がポップで可愛すぎる
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」